最短で正社員就職を目指したい方はコチラ

大企業とベンチャーの違いは?大手からスタートアップに転職した33歳の感想

大企業とベンチャーの違い最新の就職支援・転職サービス情報

 

あなた
あなた

大企業とベンチャー企業って、働く側とすればどんなところが違うの?

こんな疑問にお答えします。

 

キリオ
キリオ

筆者は新卒で大手企業に就職。約10年働いた後、スタートアップのWEBマーケ会社に転職しました。従業員1万人規模と10人規模の両方を経験しています。

 

筆者の経験則から言うと、大企業とベンチャーの違いはズバリ、安定感です。

・いい意味でも悪い意味でも安定していて動きがないのが大企業。
・浮き沈みがジェットコースターのように激しいのがベンチャー企業。

ものすごくザックリ言うとこういうことになります。

 

「じゃあどっちがいいの?」と気になるところですが、本当どっちにもメリット・デメリットがあります。

大企業でしか得られない経験は大きいけど、ベンチャーにしかない魅力は語り尽くせません。

 

でもそれでは話にならないので、あえて結論を言うなら

「大企業で経験を積んでからベンチャーに転職するのがベスト」です。

 

日本人なら誰もが知ってる大企業と、よちよち歩きでいつ潰れるか分からないベンチャー。

その両方を経験している筆者が、「大企業とベンチャーそれぞれのメリット・デメリット」を余すこと無くお伝えします。

 

  • これから就職する方
  • 転職活動中の方

 

大企業とベンチャーとで迷っているなら、きっと役に立つはずですよ。

 

▼転職を検討しているなら「最新転職サイトおすすめランキング」の記事を参考にしてください。

大企業とベンチャーの決定的な違いは「安定」

大企業とベンチャーの違い

大企業とベンチャーの一番の違いは「安定」です。

 

  • 会社の安定
  • 収入の安定
  • 同僚の安定
  • 業務内容の安定
  • 精神的安定

良いとか悪いとかは置いといて、大企業とベンチャーでは色んな面で安定感が違います。

大企業とベンチャーの違い①:会社の安定

当たり前なんですが、大企業はまず、よっぽどのことがない限り潰れません。

「会社がどうなるか分からない」という不安とは無縁です。

 

一方ベンチャーだと、「来年どうなってるかわからない」という会社がほとんど。

どんなに業績が好調でも、将来への不安は絶対に頭から離れません。経営者なら尚更です。

大企業とベンチャーの違い②:収入の安定

大企業だと、基本的に一律で給料が上がっていきます。

もちろん歩合制とかボーナス調整とか、会社によってバラバラですが、そんなに跳ね上がることもなければ極端に下がることもありません。

 

でも、ベンチャーはマジで不安定

「絶好調だから」とか言っていきなり200万円のボーナスが出たかと思えば、メイン事業がしぼんで突然ボーナスなしになることも。

 

キリオ
キリオ

マジでこの両方を経験しました…。

いい意味で夢がある、悪い意味で無計画なのがベンチャーの収入です。

大企業とベンチャーの違い③:同僚の安定

大企業の場合、新卒の新人がまとまって入社します。いわゆる「同期」ですね。

辛い時、困った時、仕事の愚痴を言いたい時…

いつでも助けてくれる同期の存在は超重要。

 

加えて、一つの職場に数年いることがほとんどなので、顔ぶれもそんなに頻繁には変わりません。

ジョブローテーションや人事異動で代わるにせよ、同じような仕事をしてきた先輩がいて、同じような仕事を覚えている部下がいる。そんな環境です。

今でこそ転職が当たり前になったとは言え、大企業の安定を捨てる人はまだそんなにいないのが現状ですよね。

 

一方ベンチャーは、目まぐるしく人が入れ替わります

辞令なんてあってないようなもの。規模が小さければ小さいほど、社長の考え一つで毎月のように環境は変わっていきます。

毎月のように新しい人を採用したかと思えば、出ていくのも当たり前。わざわざ歓送迎会なんてない職場も多いです。

 

歩んできた経歴も考え方もバラバラな人が集まっているので、指導方針にもバラツキが出ることがほとんど。

唯一指針となるのは社長の方針です。

大企業とベンチャーの違い④:業務内容の安定

長いスパンで人材育成をする大企業では、一箇所の職場に最低でも数年、長ければ一生その道を極めていくことになります。

じっくりと腰を据えてスキルを身に着け、出世していく。

異動はあるにせよ、毎年違う仕事をする、なんてことは基本的にはありません。

 

一方ベンチャーでは、業務内容の変更が頻繁に起こります。

人の出入りも激しいですし、業績によってできる仕事が変わってくるからです。

「この仕事がやりたくて入ったのに、違う仕事をさせられた」なんてことは日常茶飯事だし、それが嫌なら辞めていく。

そんな空気が当たり前に流れています。

大企業とベンチャーの違い⑤:精神的安定

会社が潰れる心配はないし、失敗しても怒られるくらいでクビになることもない。

大企業にいると「働くこと」に対する不安は皆無です。嫌な上司や同僚がいても、どうせ数年すれば変わります。

一方で、先の見えた出世コースや日々の業務を考えると、刺激がなくてつまらないと感じることがあるかもしれません。

 

ベンチャーでは、「いつ潰れてもおかしくない」という不安と常に戦っています。

会社がいつ潰れるかわからないんだから、自分がいつクビになるかわからない。

 

めちゃくちゃ仲良くしていた同僚が急に辞めるかもしれないし、明日には違う仕事をさせられている可能性もある。

精神的な浮き沈みが激しいのもベンチャーの特徴です。

大企業とベンチャーそれぞれのメリット・デメリット

大企業とベンチャーそれぞれのメリット、デメリット

 

キリオ
キリオ

実際両方働いてみて感じますが、大企業にもベンチャー企業にもそれぞれメリット・デメリットは存在します。

大企業とベンチャーそれぞれのメリット、デメリットをザッと整理すると以下の通り。

大企業のメリット

  • 優秀な先輩から学べる
  • 会社への安心感
  • 名刺の強さ
  • 世間体がいい

大企業のデメリット

  • 競争が厳しい
  • 上下関係が煩わしい
  • イノベーションが遅い

ベンチャー企業のメリット

  • 仕事の成果が分かりやすい
  • 提案が通りやすい
  • 実践的なスキルが身につく
  • 夢がある

ベンチャー企業のデメリット

  • 倒産への不安
  • 会社への愛着がない
  • 人材不足

大企業とベンチャーに分けて見ていきます。

大企業のメリット

まずは大企業のメリットから。

優秀な先輩から学べる

全員が全員、というわけではないですが、大企業に入社する人は優秀な人が多いです。

同期や上司を見渡せば、身近なところにも一人や二人「すげえ!」って思える人がいます。

そういう人から学べることって本当に貴重だし、自分を高めてくれます。

会社への安心感

上にも書きましたが、会社の経営状況を考えなくていいのって、実はかなり恵まれています。

中小企業やベンチャーに務めている人のほとんどが「倒産したらどうしよう」「リストラされたらどうしよう」という恐怖心があるもの。

仕事に集中できる環境は大企業の強みです。

名刺の強さ

大企業だと、名刺のパワーが強いです。

どんなに歳上の相手でも一目置かれるし、取引がスムーズに運ぶようになるのは間違いありません。

「自分の力じゃない」と悩むこともあるかもですが、それはワンランク上の話。

特に外で仕事するなら、会社の名刺で数字が取れる大企業の方が絶対楽です。

世間体が良い

特に男性なら意外と重要なのが「勤務先の名前」。

大企業勤務ってだけでちやほやされるし、会社の名前を言えば相手が褒めてくれるのは正直めちゃくちゃ気持ちいいです。

女子ウケも抜群ですしね。

 

もちろん自己満足だけじゃなくて、結婚相手の両親の反応とか、ローンの審査とか、私生活でも「企業名」のメリットは享受できます。

大企業のデメリット

もちろん大企業にもデメリットはあります。

競争が厳しい

野心あふれる同僚との競争に勝たないと明るい未来はありません。

「とりあえずの仕事でクビにならなきゃいい」って考えだとしても、今や早期リストラが当たり前の時代。

大企業では、自助努力なしに生き抜いていきません。

一度やらかすと再起不能になるのも大企業の辛いところですね。

上下関係が煩わしい

体育会系のように細かい上下関係がある会社が多いです。

「上司との付き合い」の酒席ほどつまらないものはないですし、それが出世に響くなんて理不尽甚だしいですよね。

イノベーションが遅い

経営層の危機感が薄いから、イノベーションが圧倒的に遅いです。

筆者は転職して始めてそのことに気づきました。

 

キリオ
キリオ

いまだにEXCELとかWord使ってる職場はヤバいですよ。社内のやり取りが電話とかメールってのもめちゃくちゃ遅れてます。

 

大企業の安定にあぐらをかいてたら、万が一のときに他社では使い物にならないかもしれません。

ベンチャー企業のメリット

安定性に掛けるベンチャーですが、大企業にはないメリットもたくさんあります。

仕事の成果が分かりやすい

自分の仕事が会社や部署の業績に直結するので、成果が目に見えてわかります。

頑張った結果が分かるから、モチベーションを維持しやすい

大企業にいると、「会社のコマ」のような感覚にしかならないですが、ベンチャーなら仕事のやりがいを得やすいのは事実です。

提案が通りやすい

風通しの良い職場が多いので、アイデアや提案が通りやすいです。

面倒くさい書類や手続き、報告がいらないので、「こんなことやってみてはどうでしょう」と言っただけで即採用されることも。

自分が会社に貢献している実感が湧くので、これもまたやりがいに直結します。

実践的なスキルが身につく

業種にもよりますが、「やってみて覚える」という姿勢が基本なので、実践的なスキルがどんどん身につきます。

大企業にありがちな「まずは研修。次に先輩についていって…」という段取りが不要なので、自分次第ではどんどん成長できるはず。

もちろん、手取り足取り教えてくれる大企業とは違って、自分で勉強する必要はあります。

ITスキルやツールを使いこなす術も学べますね。

夢がある

これが一番でかいかもしれません。ベンチャーには夢があります。

不安定なのは確かですが、いきなり年収が倍になることだってあり得ない話じゃないですし、自分の手掛けた仕事が世の中に革命を起こすかもしれません。

 

「失敗してもすぐ次に行く」という空気が当たり前なので、ロマンを追求できるのがベンチャーならではの醍醐味です。

ベンチャー企業のデメリット

もちろんベンチャーでは、大企業ならする必要のない苦労を味わうことも。

倒産への不安

「いつ会社が潰れるかわからない」という不安は常につきまといます。

急に給料が払われなくなっても文句は言えないですし、「いつだって転職情報を探している」という人も珍しくありません。

特に家族を養っているなら、絶対に無視できない要素です。

会社への愛着がない

転職するのが当たり前なので、「どうせダメなら違う会社に行けばいい」という空気感がどうしても漂っています。

「愛社精神」みたいなものがないんですね。

これって結構重要で、「みんなで結束してライバル社を負かそう!」みたいな経験が得られないのは、実はすごくもったいと思います。

人材不足

ベンチャーでは常に人材は不足しています。

人手が足りない、という意味ではなく、「必要な人材が足りない」という意味です。

やっぱり優秀な学生の大手志向は変わらないですし、大企業→ベンチャーの転職組もまだ希少。

カリスマ的存在の経営者がいて、その脇を何人かの頭脳が固めて…という体制が多いので、現場の人間からすると「生き字引」的な学びは少ないかもしれません。

【結論】大企業からベンチャーへの転職はアリ

大企業からベンチャーへの転職

あくまで個人的な意見ですが、大企業からベンチャーへの転職はアリです。

大企業で得た人脈と経験は、ベンチャーのフィールドでこそフルに生かせます。

 

キリオ
キリオ

大企業では当たり前だったことがベンチャーでは整備されていない、ということでギャップにビビる部分もたくさんありますが、それだけ過去の経験が期待されていることの証拠と言えます。

 

中にいるとなかなか自分じゃ気づかないですが、大企業で学んだことって本当に貴重です。

当たり前のように身についているそのノウハウ、みんな欲しがっています。

 

「大企業の出世競争に疲れた」とか、「自分の仕事に責任を持ちたい」というマインドを持っている人は、真剣にベンチャーへの転職を考えるべきです。

 

新卒ベンチャーはあまりおすすめできない理由

一方で、新卒後いきなりベンチャーに入るのは、個人的にはあまりおすすめできません。

なぜなら、ベンチャーでは教育体制が整っていないからです。

 

キリオ
キリオ

やはり社会人になって最初の5年くらいは、確かな研修体制やジョブローテーションの下、社会人の基礎を学ぶべき。ベンチャーに移るのはその後で良い、というのが筆者の経験則です。

 

まずは大企業で基礎を固めて、その後にベンチャーに挑戦する、という流れが、先々を見て最も効率的なキャリアプランだと筆者は考えます。

まとめ:大企業にもベンチャーにも違った魅力がある!後悔しない転職を

大企業とベンチャーの違いまとめ

大企業もベンチャー企業も、それぞれ違った魅力があります。

 

大企業でしか得られない経験や人脈、スキルは、どこへ行っても絶対に生かせます。

安定感や周囲からの信頼度も段違いです。

 

一方で、ベンチャー企業ならではの仕事の充実感は何物にも代えがたいですし、収入面のバク上がりも期待できます。

 

キリオ
キリオ

筆者の経験から言えば、大企業で経験を積んだ後にベンチャーへ転職すれば成功確率は上昇!活躍の幅も広がります。

 

なので、もしあなたが新卒で、どっちに進むべきか迷っているなら、まずは大企業へ進むことをおすすめします。

既に大企業で経験を積んでいて、ベンチャーへの転職を検討しているなら、思い切って飛び込んでみてはいかがでしょうか?

 

まずは転職サイトに登録して、自分のスキルを生かせそうな会社をピックアップしてみると円滑に進みますよ。

 

▼最新の転職サイトおすすめランキングはコチラ。

 

▼「転職サイトと転職エージェントの違いが分からない」という方はコチラも目を通しておくと役に立ちます。

【年代別】最短で正社員になれる就職支援サービスベスト3|ココに登録すればOK
正社員を目指す人向けにおすすめの就職支援サービスを、年代別でまとめています。過去の経歴に自信がなくても問題なし!30代後半以降でも使えるサービスもあります。一日でも早い正社員就職を目指すなら必見です。
ワケアリの僕が使って良かった就職支援サービス
DYM就職

筆者の人生を変えてくれた。書類選考なしで面接に進めるので、練習にもってこい。ワケアリの対応にも慣れており、全力で後押ししてくれる。担当者は若い場合が多いので、エネルギッシュに行くのがコツ。大手と比べて案件数は少ないが、そもそも大手にチャンスがほとんどないので問題なし。現状を打破したいなら絶対活用すべき。

doda
転職サイトはdoda

大手エージェントを使うならココ。対応がとにかく丁寧で、親身になって相談に乗ってくれた。年齢制限はなく、スキルや経験に応じた仕事を提案してくれる。

就職shop

リクルートが運営しているワケアリ向けサービス。20代の利用者が多いが、30代でも相談に乗ってくれる。リクルートらしく、案件の多さが最大のメリット。DYMのように、書類選考なしで面接に進める。

最新の就職支援・転職サービス情報
この記事を書いた人
キリオ

「ワケアリにだってできる仕事はある」をテーマに情報を発信していきます。【経歴】私大→大手企業→逮捕・懲戒解雇→WEBマーケ会社。前科を隠さずにホワイト企業に再就職。現在はWEB集客を担当しつつ、転職エージェントのサポート業務も兼務。35歳既婚妻子持ち。

キリオをフォローする
ぼくだからできること。
タイトルとURLをコピーしました