最短で正社員就職を目指したい方はコチラ

【年代別】最短で正社員になれる就職支援サービスベスト3|ココに登録すればOK

正社員になれる就職支援サービス

当ブログの読者さんから、おすすめの就職支援サービスを聞かれることが増えたので、年代別でまとめてみました。

キリオ
キリオ

もちろん置かれた状況は個人個人で違うので一概には言えませんが、最低限以下のサービスを利用するのが正社員への近道です。

 

ワケアリが正社員を目指すなら、とにかく秒速で行動することが最低条件。

いくら待ってても事態は好転しないので、思い悩む時間があるなら、下記サービスを利用して一日でも早く動き出すことをおすすめします。

正社員を目指す20代ならこの3つ

これだけ人手不足なので、正直、20代ならどこでも可能性は十分あります。

過去の経歴に自信がなくても、以下のサービスを使えばホワイト企業の求人がたくさん見つかるはずです。

DYM就職

筆者も使ったワケアリ向け人気No.1サービス。求人の質・量ともに断然トップ。書類選考なしで面接まで行けるのが強み。20代なら完全未経験でも大歓迎な求人ばかり。カウンセラーが若く、一生懸命なのも好材料。正社員になりたいなら絶対利用すべき。

第二新卒エージェントNEO

社会人経験の乏しい若手向け。手厚いフォローが有名で、まともに就活した経験がなくても丁寧にアドバイスしてくれる。20代専門サービスの中ではどのサイトでも人気上位。経歴から最適な仕事を紹介してくれるので、やりたいことが見つからない人におすすめ。

就職shop

リクルートが運営しているワケアリ向けサービス。20代の利用者が多いが、30代でも相談に乗ってくれる。リクルートらしく、案件の多さが最大のメリット。DYMのように、書類選考なしで面接に進める。

まだ伸びしろのある30代前半ならこの3つ

筆者もそうでしたが、30代になると「経験」があるのが当たり前と見られます。

なので正社員を目指す人向けのサービスはほとんどが20代向けですが、ここで紹介する3サービスなら30歳を超えていても快く相談に乗ってもらえます。

DYM就職

30代でも使える数少ない「ワケアリ向け」就職支援サービスの一つ。筆者も利用し、人生を変えるアドバイスをいただいた。書類選考なしで面接に進めるので、序盤の練習にもってこい。担当者もワケアリの対応にも慣れており、全力で後押ししてくれる。担当が若いので、こちらもやる気をアピールするのがコツ。

就職shop

リクルートが運営しているワケアリ向けサービス。20代の利用者が多いが、30代でも相談に乗ってくれる。リクルートらしく、案件の多さが最大のメリット。DYMのように、書類選考なしで面接に進める。

doda
転職サイトはdoda

30代になると利用できるサービスが限られる中で、全年齢対応可能な大手エージェント。中でもdodaは対応がとにかく丁寧で、親身になって相談に乗ってくれた。大手の中でも特に30代以降の満足度が高い。

経験がある30代後半以降ならこの3つ

30代も後半になってくると、求人はもちろん利用できる就職支援サービスも一気に絞られてきます。

ただ大手のエージェントなら十分相談に乗って貰えるので、遠慮せずガンガン活用してみてください。

doda
転職サイトはdoda

筆者が一番おすすめする大手エージェントがココ。対応がとにかく丁寧で、親身になって相談に乗ってくれた。特に30代以降の満足度が高いエージェント。大手を目指すのはもちろん、優良企業でやり直したいなら必ず利用すべきサービス。

リクルートエージェント

言わずと知れた業界最大手のサービス。転職者の8割が利用すると言われている。リクナビNEXTとも連動しているので使いやすい。大手ベンチャー問わず、案件の多さは断トツNo.1だが、担当の当たり外れが大きいのがデメリット。

ミドルコーナー

東京都が運営している就職支援サービス。30歳~54歳の正社員就職を目指す人向け。民間と比べると求人の質・量は劣るが、首都圏在住で確実に正社員になりたいなら一度は相談すべき。

【全年齢共通】就職支援サービスを利用する際の注意点

就職支援サービスを利用するなら、以下の点にご注意ください。

  • 面談には必ず行く
  • 複数をまとめて利用する

面談には必ず行く

転職エージェントの賢い使い方の記事で詳しく解説していますが、連絡を滞りなくするのが最低限のマナーです。

たまに面談をブッチしたり、エージェントからの電話を無視する人もいますが、それをやったらエージェントからの信頼は一発でなくなります。

登録したら最初に電話かメールで面談希望日を聞かれるはずなので、必ず都合をつけて参加するようにしてください。

複数をまとめて利用する

エージェントサービスは複数まとめて利用するのが基本です。

理由は単純で、エージェントとの相性は会ってみないとわからないから。

 

転職エージェントは何社利用するべき?の記事で詳しく解説していますが、一般的な転職でも3~4社を併用する人がほとんど。

ワケアリだともっとシビアに見られるので、一つでも多く利用して可能性を広げるのは悪い選択ではないです。

 

キリオ
キリオ

ちなみに筆者は7社利用しました。本当に相性はまちまちでしたが、複数利用すると精神的にも安心できるので良いですよ。

まとめ:就職支援サービスを活用して正社員を目指そう

ワケアリだと真正面からの就職は当然ながら厳しいです。

しかし、決して不可能ではないのは筆者自身が証明できました。

 

まずは以下のサービスに相談してみて、これからの方向性を決めていくと良いですよ。

 

☑20代向け就職支援サービス

  • DYM就職:筆者も使ったワケアリ向け人気No.1サービス。求人の質・量ともに断然トップ。書類選考なしで面接まで行けるのが強み。
  • 第二新卒エージェントNEO:社会人経験の乏しい若手向け。手厚いフォローが有名で、まともに就活した経験がなくても丁寧にアドバイスしてくれる。
  • 就職shop:リクルートが運営しているワケアリ向けサービス。リクルートらしく、案件の多さが最大のメリット。リクナビNEXTとも連動しているので、リクナビで見つけた求人の紹介をお願いしやすい。

 

☑30代前半向け就職支援サービス

  • DYM就職:30代でも使える数少ない「ワケアリ向け」就職支援サービスの一つ。筆者も利用し、人生が変わった。書類選考なしで面接に進めるので、序盤の練習にもってこい。
  • 就職shop:リクルートが運営しているワケアリ向けサービス。20代の利用者が多いが、30代でも相談に乗ってくれる。リクルートらしく、案件の多さが最大のメリット。リクナビNEXTとも連動しているので、リクナビで見つけた求人の紹介をお願いしやすい。
  • doda:大手の中では断トツでおすすめ。特に30代以降の満足度が高いエージェント。年齢や経歴、前職の規模は問われず、30歳を超えたら使わない理由がない。

 

☑30代後半以上向け就職支援サービス

  • doda:筆者が一番おすすめする大手エージェントがココ。対応がとにかく丁寧で、親身になって相談に乗ってくれた。特に30代以降の満足度が高いエージェント。
  • リクルートエージェント:言わずと知れた業界最大手のサービス。転職者の8割が利用。リクナビNEXTとも連動しているので使いやすい。大手ベンチャー問わず、案件の多さは断トツNo.1。
  • ミドルコーナー:東京都が運営。30歳~54歳の正社員就職を目指す人向け。民間と比べると求人の質・量は劣るが、首都圏在住で確実に正社員になりたいならおすすめ。
【年代別】最短で正社員になれる就職支援サービスベスト3|ココに登録すればOK
正社員を目指す人向けにおすすめの就職支援サービスを、年代別でまとめています。過去の経歴に自信がなくても問題なし!30代後半以降でも使えるサービスもあります。一日でも早い正社員就職を目指すなら必見です。
ワケアリの僕が使って良かった就職支援サービス
DYM就職

筆者の人生を変えてくれた。書類選考なしで面接に進めるので、練習にもってこい。ワケアリの対応にも慣れており、全力で後押ししてくれる。担当者は若い場合が多いので、エネルギッシュに行くのがコツ。大手と比べて案件数は少ないが、そもそも大手にチャンスがほとんどないので問題なし。現状を打破したいなら絶対活用すべき。

doda
転職サイトはdoda

大手エージェントを使うならココ。対応がとにかく丁寧で、親身になって相談に乗ってくれた。年齢制限はなく、スキルや経験に応じた仕事を提案してくれる。

就職shop

リクルートが運営しているワケアリ向けサービス。20代の利用者が多いが、30代でも相談に乗ってくれる。リクルートらしく、案件の多さが最大のメリット。DYMのように、書類選考なしで面接に進める。

ぼくだからできること。
タイトルとURLをコピーしました