最短で正社員就職を目指したい方はコチラ

リクナビネクストはめんどくさいって本当?5分で決まる転職の成否

リクナビネクストはめんどくんさい?最新の就職支援・転職サービス情報

 

あなた
あなた

リクナビネクストってめんどくさいの?

登録後にもじゃんじゃんメールが来て使いにくいって本当?

 

こんな疑問に答えします。

 

☑この記事で分かること

  • リクナビネクストに最短で登録する方法
  • リクナビネクストを使って履歴書と職務経歴書を一瞬で完成させる方法
  • リクナビネクストのメリット、デメリット

 

キリオ
キリオ

筆者は必死の転職活動で1ヶ月でホワイト企業に転職した過去があります。現在はWEBマーケ会社で集客を担当しつつ、人材紹介事業で現役エージェントのサポートも兼務しています。

 

転職経験者の8割が利用していると言われるリクナビネクスト

もちろん筆者もフル活用させていただきました。

 

登録は5分でできるし、若干メールは多いですけど、使っていて「めんどくさい」って思ったことはなかったです。

求人数はダントツナンバーワンですし、履歴書や職務経歴書も一瞬で作れちゃうし、むしろ情報収集ツールとしては登録必須!

 

というのが筆者の結論です。

本記事では、リクナビネクストの最短登録方法をご紹介しつつ、リクナビネクストを上手に活用して転職を成功させる方法もご紹介!

 

ぶっちゃけ5分もあればリクナビネクストの登録は終わりますが、その5分で転職の成否が決まると言っても過言じゃないです。

上手な活用法を知っておけば、後悔しない転職活動ができますよ。

 

>>今すぐリクナビネクストに登録して転職の第一歩をスタートさせる

 

公式サイト:https://next.rikunabi.com/

リクナビネクストでめんどくさいのは最初の5分だけ

リクナビネクストでめんどくさいのは5分だけ

今の仕事が嫌になって、いざ転職しようと思っても、一番最初がダルいですよね。

 

  • 転職サイトの登録が面倒…
  • 履歴書書くのが面倒…
  • 職務経歴書を書くのが面倒…
  • 転職理由を考えるのが面倒…
  • 転職先を絞り込むのが面倒…

 

そんなこんなで、「また今度でいいや」と後回しにつしつつ、週明けには嫌々出勤を迎える…。

そんな経験ありませんか?

 

キリオ
キリオ

筆者の場合は会社をクビになってたんで、迷ってる余裕もなかったんですけど、それでも最初の一歩は少し腰が重かったです。

 

とはいえ、実は上記の考えは先入観によるものでして、実際はめちゃくちゃ簡単です。

スマホ1台あれば5分で完了します。

 

全部リクナビネクストでできるので、これからその方法をご紹介します。

 

>>今すぐリクナビネクストに無料登録する

リクナビネクストに最短で登録する方法

リクナビネクストの登録方法

まずはリクナビネクストに登録します。もちろん無料です。

以下の手順でやれば早いです。5分もかかりません。

①メールアドレスを登録

リクナビネクストの登録方法1

まずはメールアドレスを登録します。

なんでもいいですが、できればプライベートで使っているメアドとは分けた方がいいです。

「転職系のメールはこのアドレスに来る」って把握できれば何でもOK。

転職専用のメールアドレスを作る人も結構います。

②メールにあるURLにアクセス

リクナビネクストの登録方法2

登録したメールアドレスにURLが書かれているので、そのままアクセスします。

③会員情報の入力

リクナビネクストの登録方法3

すると、こんな感じのページに飛ぶので、会員情報を入力していきます。

必要なのは以下の6項目です。

  • ※パスワード(6~20桁の半角英数字)
  • ※氏名
  • ※生年月日
  • ※性別
  • 住所
  • 電話番号

※は必須

 

確認したら、規約に同意して進みます。

④プロフィールを入力する

リクナビネクストの登録方法4

今度は簡単なプロフィールを入力します。

必要なのは以下の項目です。

 

  • 希望転職時期
  • 希望の勤務地
  • 就業状況
  • 雇用形態
  • 現在または直前の職種
  • 希望の職種
  • 年収
  • 最終学歴
  • 卒業年月

 

一見多く見えますが、ここは全部タブで選ぶだけなので楽ちんです。

後からいくらでも変えられるので、あまり深く考えずにサクサク進めます。

⑤勤務先やスキル情報を入力

はい、もうあと少しで完了です。

リクナビネクストの登録方法5

ここでもプルダウン形式なので一瞬で終わります。

  • 経験社数
  • 在籍期間
  • 社名
  • 業種
  • 従業員数
  • 役職
  • 語学スキル
  • レジュメ非公開設定

 

多分迷うのが、「社名」と「レジュメ非公開設定」の二つ。

 

社名に関しては、「現職にバレたくない」って思ってても大丈夫です。

公開しても、企業側からは名前や性別、生年月日を一切見られないようになっています。

(参考:転職サイトに偽名で登録するのはNG!デメリットしかない3つの理由

 

社名を見てスカウトを打ってくる可能性はあるので、なるべく公開しといた方が良いかなと思います。

 

「レジュメ非公開設定」に関しては、これもどっちでも良いです。

単純にリサーチ目的なら「レジュメを公開しない」にチェックを入れておけば問題ありません。

⑥職務経歴を入力

ラストです。
リクナビネクストの登録方法6

ここで職務経歴を入力します。

ここが一番ダルそうですが、「職種に合わせた自動文例を挿入」しちゃえば楽勝です。

必要な箇所を穴埋めするだけで完了します。

もちろん後からいくらでも修正できるので、本当大雑把でOKです。

⑦リクルートエージェントの登録を選択

最後のおまけです。

リクナビネクストの登録方法7

リクルートエージェントに登録するか否かを聞かれます。

ここは基本的に「申し込まない」でOKです。

なぜなら、同時にやってしまうと混乱してしまうから。

 

どうせエージェントには登録しますが、とりあえずはリクナビネクスト優先にして、エージェントはエージェントで改めてどこに登録するか考えたほうが良いです。

⑧資格について

ラスト!リクナビネクストの登録方法8

資格があれば、それも記入します。

「経験職務やスキル」は余裕があればチェック。

ここも後から追加できるので、何も入力しなくてもOKです。

⑨アンケート

最後に「週休二日が大事」「7時間以下勤務」とかを聞かれるアンケートがあるので、テキトーに答えて終了。

これでリクナビネクストの登録は完了です!

 

たぶん全部真面目にやっても5分、どんなにゆっくりでも10分あれば終わります。

 

>>5分でリクナビネクストに無料登録する

リクナビネクストなら履歴書も職務経歴書も一瞬で完成

リクナビネクストなら履歴書も一瞬で完成

リクナビネクストの何が便利って、最初に会員登録した時点で既に履歴書と職務経歴書が完成されてること!

 

トップページ左上(PCの場合)の「履歴書・職務経歴書」をクリックすると…

リクナビネクストの履歴書

もう履歴書と職務経歴書をダウンロードできるようになってまして、ここに加筆・修正すればどの企業にも使えます。

 

キリオ
キリオ

これがめちゃくちゃ便利で、いつもリクナビの履歴書と職歴書を使っていました。

 

正直、職務経歴書や履歴書を無料でダウンロードできるだけでも利用価値があります

いちいち手書きを指定してくる会社も今はほぼないですし、リクナビに一度登録しとけば使い回せるので、やらない選択肢はないですね。

 

>>無料でリクナビネクストの履歴書をダウンロードする

リクナビネクストの登録後の使い方

リクナビネクストの登録後の使い方

リクナビネクストは大きく分けて2つの使い方があります。

 

  • 求人を見つける
  • オファーを待つ

 

具体的に見ていきます。

求人を見つける

一番オーソドックスな使い方です。

自分の探したい条件に合わせて、求人情報を検索します。

 

キリオ
キリオ

筆者は、ここで条件に合う企業をリサーチしていました。

知らない会社がいっぱいあるので勉強になりますよ~!

 

もちろんそのまま応募してもOKですが、個人的なおすすめは転職エージェントを活用すること。

 

リクナビネクストで求人情報をリサーチ

転職エージェントに持ち込む

この流れが必勝パターンです。

 

転職エージェント経由の方が、面接対策までしっかりできて内定をGETできる確率が上がります。

逆に「ここはブラックですよ」みたいな情報も貰えるので、エージェントを使わない手はないです。

 

とりあえずは後回しでOKですが、リクナビネクストの登録が完了したら、エージェントも2~3社登録すると効率よく進められます。

 

「どんなエージェントがいいの?」って不安な方は「転職エージェントの選び方」の記事が参考になるはずです。

オファーを待つ

リクナビネクストに登録しておくと、自動的に条件にマッチした企業から「オファー」が来ます。

「うちの会社を受けませんか」というスカウトです。

ここで気に入れば選考に進んでもいいですし、無視しても全然OKです。

 

※もちろん「オファー=採用」ではありません。

 

中には「面接確約オファー」というのも結構あるので、気になった企業は練習がてら受けてみるのが良いと思います。

 

個人的には、

  • 本命候補…エージェント経由で受ける
  • 気になる企業…面接確約で受ける

 

こんな感じで考えると、力も入らずスムーズだと感じました。

リクナビネクストのメリット、デメリット

リクナビネクストのメリット、デメリット

最後に、リクナビネクストのメリットとデメリットをまとめました。

リクナビネクストのメリット

  • 求人数が最多
  • 履歴書、職務経歴書が一瞬で完成する
  • リクエルートエージェントと連携できる

 

まず、他の転職サイトと比べても求人数がダントツで多いです。

 

▼主な求人検索型転職サイト

転職サイト求人数特徴
リクナビNEXT37,000件求人数日本一。独自求人も豊富。転職者の8割が登録。
マイナビ転職12,000件使い方はリクナビと一緒だが、求人数で大きく劣る。
エン転職5,300件使いやすさには定評があるが、求人数が少ないのが難点。
type2,500件市場価値診断が人気だが、求人の質が微妙。

 

この表を見ると明らかですが、リクナビネクストは求人数がダントツ。

2位のマイナビより3倍も多いです。

「転職サイトなんてどこ使っても一緒」って人でもそうでない人でも、とりあえずリクナビにしておいて間違いありません。

履歴書や職務経歴書に関しては上述した通り。

登録した瞬間に完成します。

 

3つ目の「リクルートエージェントとの連携」ですが、リクナビネクストにある求人は全てリクルートエージェントでも取り扱っていると考えてOKです。

上述したとおり、転職エージェントの活用は必須。

なので、リクナビネクストの登録が完了したら、次はリクルートエージェントに登録しておくと良いです。

これも3分あれば登録完了します。

 

>>リクルートエージェントに無料登録する

リクナビネクストのデメリット

じゃあリクナビネクストは完璧かと言うと、そうでもなくて、以下のデメリットが考えられます。

 

  • メールが多すぎる
  • スカウトの質が微妙

 

一度登録すると、メールがたくさん届きます。

それは悪いことじゃないんですが、「おすすめ求人情報」や「オファー」と一緒に「合否連絡」なんかも紛れてくるので、割とチェックが大変です。

 

なるべくなら、就職情報に関するメルマガとかは「配信停止」にしておいたほうが無難かもしれません。

 

あとは、スカウト求人の質自体は微妙です。

なぜなら、優良企業は待っていても優秀な人材が勝手に集まってくるので、あまりオファーをかけないから。

必ずしもってわけじゃないですけど、スカウトを打ってくるってことは、知名度が低い会社とか不人気って理由が多いです。

 

もちろん掘り出し物もあるのでチェックは欠かさないようにしつつ、基本的には「企業情報は自分で取りに行く」という姿勢は忘れずに。

まとめ:リクナビネクストの登録は5分で完了!今すぐ動き出そう

リクナビネクストの登録が 転職への第一歩!

リクナビネクストへの登録は、「転職活動の第一ステップ」と言っても過言じゃないです。

 

  • 日本一の求人数
  • 登録した瞬間に履歴書と職務経歴書が完成する
  • リクルートエージェントとも連携できる

 

これだけ見ても、転職するなら外せないのがわかりますよね?

 

転職活動は最初が面倒かもですが、軌道に乗れば後は早いです。

今の仕事のままダラダラしていると時間がもったいないので、今のうちにサクッと登録しておくと良いですよ。

 

\5分で完了/

リクナビネクストに無料登録する

 

※公式サイト:https://next.rikunabi.com/

 

【年代別】最短で正社員になれる就職支援サービスベスト3|ココに登録すればOK
正社員を目指す人向けにおすすめの就職支援サービスを、年代別でまとめています。過去の経歴に自信がなくても問題なし!30代後半以降でも使えるサービスもあります。一日でも早い正社員就職を目指すなら必見です。
ワケアリの僕が使って良かった就職支援サービス
DYM就職

筆者の人生を変えてくれた。書類選考なしで面接に進めるので、練習にもってこい。ワケアリの対応にも慣れており、全力で後押ししてくれる。担当者は若い場合が多いので、エネルギッシュに行くのがコツ。大手と比べて案件数は少ないが、そもそも大手にチャンスがほとんどないので問題なし。現状を打破したいなら絶対活用すべき。

doda
転職サイトはdoda

大手エージェントを使うならココ。対応がとにかく丁寧で、親身になって相談に乗ってくれた。年齢制限はなく、スキルや経験に応じた仕事を提案してくれる。

就職shop

リクルートが運営しているワケアリ向けサービス。20代の利用者が多いが、30代でも相談に乗ってくれる。リクルートらしく、案件の多さが最大のメリット。DYMのように、書類選考なしで面接に進める。

最新の就職支援・転職サービス情報
この記事を書いた人
キリオ

「ワケアリにだってできる仕事はある」をテーマに情報を発信していきます。【経歴】私大→大手企業→逮捕・懲戒解雇→WEBマーケ会社。前科を隠さずにホワイト企業に再就職。現在はWEB集客を担当しつつ、転職エージェントのサポート業務も兼務。35歳既婚妻子持ち。

キリオをフォローする
ぼくだからできること。
タイトルとURLをコピーしました