最短で正社員就職を目指したい方はコチラ

前科のことを気にしすぎ?【意外と生活に影響ありません】

前科のことを気にしすぎ前科を抱えた生活のリアル
本ページはプロモーションが含まれています。
あなた
あなた
  • 前科がつくとどんなことになるんだろう…
  • 前科があると人生終わる?

実際に前科がある生活を5年以上続ける筆者が、こんな質問にお答えします。

キリオ
キリオ

当サイトの管理人です。このサイトでは前科があってもホワイト企業に正社員就職できる方法や、人生をやり直すためのプロセスを赤裸々に発信しています。

結論から言うと、前科のことを気にしすぎです。

正直そこまで私生活には影響しないし、前科があることで何かを制限されることはあまりありません。

キリオ
キリオ

それよりも実名報道されてしまったかどうかのほうが、人生に与える影響は非常に大きいと感じています。

この記事では、実際に前科を背負って生きている筆者が、これまでの私生活で感じた前科の影響についてつづっています。

前科者のその後の人生について関心がある方は、ぜひ続きをご覧ください。

☑前科・逮捕歴がある人向けの就職関連記事

前科のことを気にしすぎ!経験者が語る私生活での影響

前科のことを気にしすぎ?

冒頭でもお伝えしたとおり、前科について「気にしすぎだな」と思うことがあります。

キリオ
キリオ

たしかに前科がつくことで特定の職種に就けなくなったり、渡航できない国があったりと多少の制限はありますが、経験上私生活ではさほど影響はありません

前科がつくかどうかは問題ではない

筆者も逮捕されて検察の処分を待っている間、起訴されるかどうか=前科がつくかとうかはすごく気になっていました。不起訴になれば「前歴」はついても「前科」にはならないと知っていたからです。

キリオ
キリオ

結果的には起訴されて前科がつくことになりましたが、正直このときの悩んだことは正直ほとんど影響なかったなと思います。

世間的には逮捕された時点でアウト

そもそも世間的に見れば、起訴されようが不起訴になろうが、逮捕されている時点でアウトです。

会社によっては不起訴であれば懲戒事由にならないケースはあるかもしれませんが、それでも白い目で見られることは必至で、懲戒解雇とはならずとも自主退社に追い込まれるケースも多いと思います。

前科の有無よりも実名報道の影響の方が大きい

キリオ
キリオ

前科があるかどうかよりも、やはり逮捕された事実が実名報道されているかどうかの方が、当事者にとっての影響は大きいです。

仮に起訴されるような事件を起こしたとしても、実名報道されていなければ社会復帰へのハードルはかなり低いと言えます。

そのあたりの経験談については実名報道で人生終了の記事に書いているので、ご覧になってみてください。

前科があって困った経験

前科があって困った経験を考えてみます(ここでは逮捕されたからではなく、あくまで「前科がついたこと」による影響に絞っています)。

  • 懲戒解雇になった
  • 海外旅行に制限がある

懲戒解雇になった

筆者は逮捕された時点では「自宅待機」となり、その後起訴が決まったタイミングで懲戒解雇となりました。

キリオ
キリオ

もしも不起訴だったら解雇までは至らなかったと思いますが、それでもそれに近い懲戒処分は確実、いずれにしても自主退社は免れなかったはずです。

その後、無事に再就職には成功しました。経験談は懲戒解雇から再就職できた体験談にまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

海外旅行に制限がある

前科持ちが入国できる国とできない国にあるとおり、前科があると渡航できない国があります。

主なところでは米国に行けないので、ハワイやグアムにも今後旅行できないかもしれません。

このあたりは犯罪の内容によるので一概には言えませんが、不起訴で前科がつかなければ影響はなかった可能性があります。

前科があっても問題がなかったこと

前科があっても問題ないこと

逆に前科があっても問題なかったこと、影響がなかったことをまとめてみます。

  • 就職できた
  • 賃貸契約できた
  • 起業できた

就職できた

前科の有無と就職できるかどうかには関係がありません。

上でも述べましたが、企業側としては前科の有無よりも「逮捕された事実」「実名報道された事実」の方を重く見るため、再就職の難易度が高いことに違いはありません。

 

キリオ
キリオ

前科があってもホワイト企業に正社員就職できた方法は以下の記事でまとめています。就職で困っている方はぜひ参考にしてみてください。

賃貸契約できた

前科があっても賃貸契約は問題なくできます。筆者は執行猶予中でしたが、既に正社員就職していたため、問題なく契約できました(保証人は必要でした)。

このあたりは前科があると賃貸契約できない?の記事でまとめているので、参考にしてみてください。

起業できた

筆者は前科がありますが、起業しています。また国の機関から融資を受けることにも成功しました。

キリオ
キリオ

もちろんしっかりとしたビジネスを営み、事業計画書を作る必要があります。筆者の前科は知られていましたが、事業が信頼できると判断されれば前科持ちでも融資を受けられると証明できてよかったです。

まとめ:前科の影響は意外と少ない!あまり気にせず前を向こう

前科があっても気にせず前を向いて生きていこう

筆者自身も逮捕されてからは気が気でなかったですが、今思えば前科がつくかどうか気にしすぎだったと思います。

もちろん良いことではないですし、反省しても戻ってこないものはたくさんあるかもしれません。

それでも命がある限りは自暴自棄にならず、前を向き、できることをやって償っていく使命があるのではないでしょうか?

少なくとも筆者はそう思って生きています。

キリオ
キリオ

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

「逮捕」「解雇」からの再就職ご相談ください!

キャリア相談「YOTSUBA(よつば)」

キリオ
キリオ

逮捕・懲戒解雇からホワイト企業に再就職した経験がある管理人が、あなたのキャリア相談に乗ります。

  • Zoomでのオンライン面談
  • 匿名・顔出しなしOK
  • 初回60分完全無料

就活相談のほか、ネットの誹謗中傷記事対策も受け付けています。お気軽にご相談ください。

\無料相談はコチラ/

YOTSUBA(よつば)
公式サイト

※LINE追加からご希望のスケジュールをお選びいただけます。
※個人情報等の入力は不要です。

公式URL:https://yotsuba-career.com/

 

☑前科・逮捕歴がある人向けの就職関連記事

【年代別】最短で正社員になれる就職支援サービスベスト3|ココに登録すればOK
正社員を目指す人向けにおすすめの就職支援サービスを、年代別でまとめています。過去の経歴に自信がなくても問題なし!30代後半以降でも使えるサービスもあります。一日でも早い正社員就職を目指すなら必見です。
ワケアリの僕が使って良かった就職支援サービス
就職shop

最短1週間のスピード内定!筆者の人生を変えてくれた。業界最大手・リクルートが運営するワケアリ専門の就職サポート。書類選考なしの求人が多数。累計10,000社以上のホワイト求人の中から正社員就職を狙える。現状を打破したいなら絶対活用したい。

ポジウィルキャリア
ポジウィルキャリア

やりたい仕事や向いている仕事を探すのにおすすめ。プロのキャリアカウンセラーが無料で個別相談に乗ってくれる。オンラインなので自宅で相談できるのも◎。進路に行き詰まっていた筆者に目からウロコのアドバイスをくれた。

DYM就職

フリーターやニート歓迎の就職サポート。学歴や職歴に関係なく求人紹介してもらえる。書類選考なしの求人も多数あるので、面接の練習に向いている。若い担当さんが一生懸命サポートしてくれる。最短1週間のスピード内定実績あり。

マイナビエージェント

大手エージェントの中で一番のおすすめがココ。対応がとにかく丁寧で、親身になって相談に乗ってくれた。特に30代以降の満足度が高いエージェント。大手を目指すのはもちろん、優良企業でやり直したいなら必ず利用すべきサービス。※マイナビのプロモーションを含みます。

前科を抱えた生活のリアル
この記事を書いた人
キリオ

株式会社Everal代表取締役|現役キャリアカウンセラー
~「ココナラ」キャリア相談実績☆5.0継続中~
▶新卒で大手入社→30歳で逮捕・懲戒解雇→無職・ニート
▶36社不採用を経てWebマーケ会社に再就職
▶人材紹介事業の責任者→2023年に独立・法人化
▶「国家資格キャリアコンサルタント」を取得中

キリオをフォローする
ぼくだからできること。
タイトルとURLをコピーしました