【PR】当サイトのコンテンツについて

ハローワークの職員は態度が悪い!むかつく!苦情の申し立てと対処法

ハローワークの職員むかつくキャリア・仕事の悩み
  • ハローワークの職員はむかつく!
  • なんでハローワークの職員って態度悪いの?

 

こんな風に苛立った経験ありませんか?

 

キリオ
キリオ

筆者は過去にやらかして会社をクビになり、ハローワークで求職活動をした経験があります。その後はホワイトベンチャーに再就職して人材紹介事業の責任者を経て独立。現在は就職困難者向けのキャリア支援をしています。

 

筆者自身は、ハローワークにはろくな求人がないと早々に見切りをつけ、自力での就活にチェンジしました。

なのでハローワークの職員さんにむかついた経験はありませんが、情報収集していると結構な確率で「ハローワークの職員は態度が悪い」だの「高圧的だった」だの、悪い評判が聞こえてきます。

 

そこで本記事では、「なぜハローワークには態度が悪い職員がいるのか?」と考察しつつ、相性が合わなかった場合の対処法をまとめてみました。

ハローワークよりもおすすめの就活方法もまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

ハローワークの職員は態度が悪い!ユーザーの怒りの声まとめ

ハローワークの職員むかつく

ハローワークの職員は態度が悪いという意見をまとめてみました。

キリオ
キリオ

基本的には一生懸命やってくれている方ばかりですが、中には「むかつく」と言われるような職員さんがいるのも事実です。


 

このように、ネット上だけでも探せば探すだけ出てきます…。

 

キリオ
キリオ

人間なので相性が合わないことはあるとは言え…あまりにひどい態度を取られたらクレームの一つくらいは入れたくなりますよね。

 

では、なぜハローワークにはむかつくほど態度が悪い職員がいるのでしょうか?

なぜハローワークには態度の悪い職員がいるのか?

ハローワークに態度の悪い職員がいる理由

これは一概には言えませんが、ハローワークの職員はあくまで国(労働局)からの出向組が多いのが大きな要因です。

 

そもそもハローワークの正職員は、国家公務員試験に受かったエリートです。

ハローワークの正職員になるには、国家公務員2種か3種の試験を受けて合格し、労働局に配属される必要があります。ただし、労働局ではハローワークと労働基準監督署を管轄しているため、必ずしもハローワークに配属されるとは限りません。また、ハローワークに配属された場合は、すべての各課・部門に配属される可能性があります。(引用:パブリネット

 

しかし、実は彼らのほとんどは、ハローワークの職員を志しているわけではなく、出世ルートからずれた出向組

さらに上記のようなキャリア組は組織内部を統括するポジションにいるため、窓口に立つ職員の多くは臨時職員、いわゆる非正規職員なんです。

 

非正規が悪い、というわけではないですが、彼らは決して就活のプロではありません

 

キリオ
キリオ

正直、ほとんどの方がカウンセリングが上手なわけでも、業界に精通しているわけでもないので、こちらが高い期待を持っていると、そのギャップに失望する結果となってしまうわけです。

ハローワーク職員への苦情・クレーム先

ハローワークへの苦情、クレーム先

もしもハローワークの職員にむかついたり、あまりに態度が悪くて我慢できなかった場合は、以下の2パターンで苦情を伝えることができます。

 

☑ハローワークへの苦情・クレーム先

  • 該当するハローワークに電話
  • メール

 

もしすぐに担当を替えてほしいとか、直接言ってやらなきゃ気がすまないようなときは、該当するハローワークに電話するのが手っ取り早いです。

 

「そこまで急じゃないけど、どうしても苦情を言いたい」というときは、ハローワークの「国民の皆様の声」募集ページから苦情内容を入力すると届きます。

 

キリオ
キリオ

腹いせや気を紛らわせるのに活用するのは良くないですが、どうしても伝えたいことがあるなら、利用してみてください。

ハローワークの職員にムカついたときの対処法

ハローワークの職員と合わなかったときの対処法

もしもハローワークの職員と馬が合わなかった場合、以下2つの対処法があります。

  • 担当替えをお願いする
  • ハローワークに頼らない

①担当を替える

ハローワークでは、担当職員の変更が可能です。

その際は、窓口で直接お願いするか、電話で事情を話せばすんなり通ります。

 

キリオ
キリオ

ただ、いちいち理由を言わなきゃいけないし、むかつく職員が居たとは言え、「あいつダメだから変えてくれ」とは案外言いにくいものです…。

 

なので、個人的には次のハローワークに頼らないという選択がベストだと思います。

②ローワークの利用をやめる

もしかしたら就職(転職)=ハローワークという先入観になっているかもしれません。

しかし上でも述べたとおり、正直言ってハローワークにはろくな求人はないです。

ハローワークには無料で求人情報を掲載できる代わりに、ブラック企業もわんさか登録しています。

 

キリオ
キリオ

すぐに就職できるのはいいですが、肝心の求人の質が悪いのは嫌ですよね。ブラック企業を紹介されたら大変だし…

当サイトでは、ハローワークよりも民間の就職エージェントサービスを活用することをおすすめしています。

民間の就職エージェントであれば、キャリアのプロが就職相談から求人紹介まで全て一貫して対応してくれます。もちろん全て完全無料です。

 

年齢別におすすめの就職支援サービスはコチラでまとめています。ぜひ参考にしてみてください。

 

もしどれを選んで良いかわからなかったら、正社員就職実績が豊富なキャリアスタートというサービスがおすすめ!最短1週間で内定できる求人もあるし、求人の質量ともに業界トップクラスです。

正直、カウンセラーのアドバイスもハロワの200倍くらい有益でした!

オンライン対応も可能で家から一歩も出ずに無料で利用できるので、ぜひ気軽に相談してみてください。

\最短1週間のスピード内定/

キャリアスタートに無料相談予約をするキャリアスタートの評判・詳細記事を読む

※オンライン面談かオフライン面談かは希望通り選べます。
※就職相談から求人紹介まで全て完全無料です。

公式サイト:https://careerstart.co.jp/

※就職エージェントの使い方に不安がある方は、「転職エージェントの賢い使い方」もチェックしてみてください。

まとめ:ハローワークを使わない就活も一つの手!

ハローワークの職員さんは、毎日色んな人の対応をしています。

中には馬が合わない場合もあるし、多少むかついても目をつぶってほしいところではありますが…

こちらも人生かかっているわけなので、対応が悪いと感じたら即座に対処すべきです。

 

担当変更や苦情を入れることもできますが、個人的には民間の就職支援サービスを利用することをおすすめします。

求人の質もハローワークより断然いいですし、最新の就活事情に詳しい本物のプロからアドバイスが受けられるので、話を聞くだけでも有益です。

 

一番のおすすめは記事内でも紹介したキャリアスタートです!いきなり面接からスタートできる求人があるのも凄いですが、求人のバランスもよく担当カウンセラーのフォローが手厚いことでも有名です。

 

今なら自宅にいながらカウンセリングが受けられるので、早速相談してみてください。

\最短1週間のスピード内定/

キャリアスタートに無料相談予約をするキャリアスタートの評判・詳細記事を読む

※オンライン面談かオフライン面談かは希望通り選べます。
※就職相談から求人紹介まで全て完全無料です。

公式サイト:https://careerstart.co.jp/

【年代別】最短で正社員になれる就職支援サービスベスト3|ココに登録すればOK
正社員を目指す人向けにおすすめの就職支援サービスを、年代別でまとめています。過去の経歴に自信がなくても問題なし!30代後半以降でも使えるサービスもあります。一日でも早い正社員就職を目指すなら必見です。
ワケアリの僕が使って良かった就職支援サービス
キャリアスタート

最短1週間のスピード内定!筆者の人生を変えてくれた。経歴に不安がある人でも未経験転職できるワケアリ専門の就職サポート。年収UP率は83%超え。ソフトバンクや楽天など大手企業も含めホワイト求人の中から正社員就職を狙える。現状を打破したいなら絶対活用したい。

ポジウィルキャリア
ポジウィルキャリア

やりたい仕事や向いている仕事を探すのにおすすめ。プロのキャリアカウンセラーが無料で個別相談に乗ってくれる。オンラインなので自宅で相談できるのも◎。進路に行き詰まっていた筆者に目からウロコのアドバイスをくれた。

DYM就職

フリーターやニート歓迎の就職サポート。学歴や職歴に関係なく求人紹介してもらえる。書類選考なしの求人も多数あるので、面接の練習に向いている。若い担当さんが一生懸命サポートしてくれる。最短1週間のスピード内定実績あり。

マイナビエージェント

大手エージェントの中で一番のおすすめがココ。対応がとにかく丁寧で、親身になって相談に乗ってくれた。特に30代以降の満足度が高いエージェント。大手を目指すのはもちろん、優良企業でやり直したいなら必ず利用すべきサービス。※マイナビのプロモーションを含みます。

キャリア・仕事の悩み
この記事を書いた人
キリオ

株式会社Everal代表取締役|現役キャリアカウンセラー
著書「懲戒解雇されたら人生逆転できました」
▶早稲田大卒→大手メディア会社→30歳で逮捕・懲戒解雇
▶無職・ニートから36社不採用→Webマーケ会社に再就職
▶人材紹介事業の責任者→2023年に独立・法人化
▶ワケアリ転職専門のキャリア相談「YOTSUBA」責任者
▶「国家資格キャリアコンサルタント」取得中

キリオをフォローする
ぼくだからできること。
タイトルとURLをコピーしました