最短で正社員就職を目指したい方はコチラ

マイナビジョブ20sに断られた?NGな理由5選と対処法を解説

マイナビジョブ20sに断られた!本当の評判最新の就職支援・転職サービス情報
あなた
あなた

マイナビジョブ20sに断られてしまった…。どうしたらいいの?

本記事では、マイナビジョブ20sに断られる理由と対処法について、どこよりもわかりやすく解説しています。

 

☑本記事でわかること

  • マイナビジョブ20sに断られた!主なNG理由
  • マイナビジョブ20sのリアルな評判・口コミ
  • 断られた場合の対処法と類似サービス

 

キリオ
キリオ

筆者は過去に30歳を超えて無職だった時期があります。そこから転職エージェントを駆使してホワイトベンチャーに再就職。現在ではWebマーケ会社で集客を担当しつつ、人材紹介事業のサポートも兼務しています。

 

★マイナビジョブ20sを含めたニートやフリーターでも使える転職エージェントは以下の記事でまとめています。マイナビジョブ20sと似たようなサービスはたくさんあるので、参考にしてみてください。

 

 

人材大手マイナビが新しく始めた若者向けサービス「マイナビジョブ20s」。

20代に特化しているだけでなく、未経験歓迎の求人も多いことから人気を伸ばしています。

>>マイナビジョブ20s公式サイトはコチラ

ただし、中には「マイナビジョブ20sに断られた」という悔しい経験をされた方が何人もいるのをご存じですか?

そこで本記事では、マイナビジョブ20sの利用制限や判断基準について、徹底的に調査してみました!

  • マイナビジョブ20sの利用を検討中の方
  • 実際にマイナビジョブ20sに断られてしまった方

きっと本記事がお役に立つはずです。

 

★もしもマイナビジョブ20sに断られてしまった場合、同種サービスのDYM就職を利用した方がいいです。マイナビより求人も多く、利用制限はなし!未経験求人の数でもダントツです。

年齢制限もないですし、いきなり面接に進める求人もあります。

今なら電話やオンラインで面談が組めるので、早速相談してみてください。

 

☑参考

DYM就職公式サイト:https://www.dshu.jp/

 

▼DYM就職のサービス詳細記事はコチラ

マイナビジョブ20sに断られた!NG理由5選

マイナビジョブ20sに断られる理由

それでは早速、マイナビジョブ20sに断られてしまう理由について解説していきます。

マイナビジョブ20sの公式サイトには、利用できる人の条件が明記されています。

マイナビジョブ20sの利用条件

出典:マイナビジョブ20s

なので「20代・第二新卒・既卒」であれば利用可能ということ。

逆に言うと、断られてしまうケースでは主に以下の5つの理由が挙げられます。

 

☑マイナビジョブ20sに断られる主な理由

  • 年齢制限
  • 第二新卒ではない※ただし最近はOKの傾向
  • 対象エリア外
  • 紹介できる求人がない
  • 登録に不備がある

以下、具体的に説明していきます。

理由1:年齢制限

マイナビジョブ20sは、20代限定のサービスです。

30歳を超えていたり、10代の方が利用したりすることはできません。

 

年齢制限に引っかかっているケースは意外と多いのでご注意ください。

理由2:第二新卒ではない

卒業後に就職したが、すぐに辞めてしまった若手を「第二新卒」と呼びます。

サービスごとに少し定義が変わりますが、マイナビジョブ20sでは以下の条件の人を「第二新卒」扱いとしているようです。

学校を卒業後1~3年で、転職または就職を志す若年の方々
(25歳前後)

※マイナビジョブ20’sは、派遣社員、契約社員として社会人経験のある方や、留学などの何かしらの理由で、遅れて就職活動を始める方も、第二新卒と定義しています。引用:マイナビジョブ20s

ただ最近は、20代であれば「第二新卒」でなくても対応してもらえるようなので、参考情報としておくのがいいです。

理由3:対象エリア外

マイナビジョブ20sでは求人の関係上、利用者の住所によって可能なエリアが決まっています。

 

☑利用可能なエリア

  • 首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)
  • 中部(愛知・岐阜・三重)
  • 近畿(大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀)

上記以外の北海道や東北、九州の方は利用できないのでご注意ください。

理由4:紹介できる求人がない

条件に合致していれば誰でも使えるマイナビジョブ20sですが、経歴や条件から見て「紹介できそうな求人がない」と判断された場合、断られてしまうケースがあるようです。

こればかりはその時の事情にもよるし、ケースバイケースとしか言えないですが、割り切って別サービスを探したほうがいいかもしれません。

理由5:登録に不備がある

まれに登録情報がきちんと記載されていないためにNGを食らうケースもあるようです。

記載漏れなどの不備はエージェントの心証も最悪なので、絶対にないように注意しましょう。

 

もしもこれらのような理由で断られてしまった場合は、マイナビジョブ20sとコンセプトが似た別のサービスを使うといいです。

同じ若手向けでも年齢制限や経歴不問、書類選考100%通過のサービスまであるので、マイナビジョブ20sがダメでも諦めずに利用してみてください。

 

★マイナビジョブ20sと同コンセプトのサービスまとめはこちら

断られたかどうかの判断基準

マイナビジョブ20sに断られたかどうかの判断基準

マイナビジョブ20sでは、登録後の流れで利用可能かどうかの判断ができます

マイナビジョブ20s登録後の3パターン

登録後には以下の3つのパターンがあります。

  • 面談日程調整のメールが来る⇒利用可能
  • 紹介できる求人がないというメール⇒利用不可
  • 返信なし⇒問い合わせが必要

面談日程調整のメール

利用可能な場合、担当者から面談日程の調整についてメールで返信があります。

なるべく早く返信して、面談に進んでください。

紹介できる求人がないメール

断られてしまう場合の多くは「紹介できる求人がありません」という主旨のメールが届きます。

この場合はいくら粘っても対応してもらえないので、素直に別のサービスを利用する方がいいです。

 

★マイナビジョブ20sと同コンセプトのサービスまとめはこちら

返信なし

まれに、登録してから音沙汰がない場合があるようです。

もしかしたらメールアドレスの入力ミスなど記載に不備があるかもしれないので、まず確認してください。

特に入力漏れ等がない場合は、問い合わせフォームから連絡してみると返信があります。

担当者も人間なので、時には返信を忘れてしまう場合があると認識しておきましょう。

マイナビジョブ20sに断られたときの対処法

マイナビジョブ20sに断られたときの対処法

あなた
あなた

もしもマイナビジョブ20sに断られたらどうすればいいの?

断られた場合の対処法としては一択で、他の類似サービスを使うのがいいです。

他のエージェントを使おう!

マイナビジョブ20sのように、若手向けで未経験求人が豊富なサービスは他にもたくさんあります。

特に人気なのがのDYM就職というサービスで、マイナビジョブ20sを検討しているなら絶対に併用した方がいいです。

マイナビより求人が多いのに、利用制限はありません。

全国どこに住んでいても、何歳であっても利用可能です。

担当者の対応も凄く評判がいいので、まず最初の第一候補とするのがいいと思います。

 

⇒今すぐDYM就職に無料相談する

公式サイト:https://www.dshu.jp/

 

そのほかの類似サービスは以下の記事でまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

★マイナビジョブ20sと同コンセプトのサービスまとめはこちら

マイナビジョブ20sとは?

マイナビジョブ20sとは?

ここからは、マイナビジョブ20sのサービスについて簡潔に解説していきます。

マイナビジョブ20sのサービス概要

マイナビジョブ20sのサービス概要をまとめると次の通り。

 

対応エリア
  • 首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)
  • 中部(愛知・岐阜・三重)
  • 近畿(大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀)
求人数約2,500件
対象年齢20代まで
主な利用者第二新卒、既卒、フリーター、ニートなど
特徴業界大手のマイナビが始めた若者専門の新しいエージェント。

未経験歓迎の求人に強い。

運営会社マイナビワークス
公式サイトhttps://mynavi-job20s.jp/

マイナビジョブ20sは、業界大手マイナビが始めた新しいサービス。

利用できるのは20代限定で、未経験歓迎の求人が多いのが特徴です。

 

キリオ
キリオ

担当者もマイナビの人間なので、経験は豊富です。大きな会社なので信頼もおけますし、嫌な対応をされる心配もありません。

利用の流れ

マイナビジョブ20sの利用の流れは以下のとおり。

マイナビジョブ20sの利用の流れ引用:マイナビジョブ20s

☑利用の流れ

  1. Webで申し込み
  2. 個別カウンセリング(電話やオンラインも可)
  3. 求人に応募
  4. 選考・面接
  5. 内定・入社

 

申し込み後は個別カウンセリングをWebか電話、対面で行います。

その際に担当者からアドバイスをもらいながら、求人を紹介してもらい、実際に受ける企業を選んでいきます。

もちろん気に入った求人がなければ断ってOKです。

選考に進んでからは、面接対策を二人三脚でしてもらえます。

 

キリオ
キリオ

基本的な流れはどの転職エージェントも同じです。詳しく知りたい方は転職エージェントの賢い使い方を読んでみてください。

マイナビジョブ20sの評判・口コミ

マイナビジョブ20sの評判・口コミ

実際にマイナビジョブ20sを利用している人の評判・口コミをいくつかピックアップしてみました。

前向きな評判が多いですが、公式サイトには絶対に載っていないようなリアルな悪い評判も忖度なしで掲載しています!

利用するかどうか迷っている方は、ぜひお役立てください。

良い評判

まずは良い評判から。

マイナビジョブ20sの一番の強みは、大手マイナビが運営しているということ。

数ある求人の中から要望に合った求人を厳選して紹介してくれるので、ミスマッチが起きにくいのが特徴です。

企業がいきなり面接から始めてくれる場合も多いので、経歴に自信がない人からも評判がいいですね。

悪い評判

続いて、悪い評判をまとめてみました。

マイナビジョブ20sは20代に特化したサービスで、中でも未経験歓迎求人に強いです。

その分、本家のマイナビエージェントと比べると求人数が少なく、大手などの高収入案件も多くありません。

あとは担当にとっては相性が悪い場合もあるので、その場合は他のサービスとの併用や切り替えを検討した方が懸命です。

マイナビジョブ20sに断られても大丈夫!前向きに捉えよう!

マイナビジョブ20sに断られても問題なし!

最後に本記事の要点をまとめます。

 

☑本記事のまとめ

  • マイナビジョブ20sは大手マイナビが始めた20代限定の転職サービス
  • 未経験歓迎求人に強く、評判は上々
  • 年齢や居住地などの条件外で断られるケースも
  • もし利用不可でもマイナビジョブ20sの類似サービスを使えばOK

 

筆者も経験がありますが、転職エージェントに利用を断られると確かに凹みます。

でもそれはタイミングや縁がなかっただけの話ですし、あなたが否定されたわけではありません。

類似のサービスは他にもたくさんあります!

むしろマイナビジョブ20sよりも評判のいいサービスはたくさんあるので、断られてしまっても前向きに捉えるくらいでちょうどいいですよ。

 

\20代限定!未経験歓迎求人は豊富/

マイナビジョブ20sに無料相談する

公式サイト:https://mynavi-job20s.jp/

 

★マイナビジョブ20sと同コンセプトのサービスまとめはこちら

 

【年代別】最短で正社員になれる就職支援サービスベスト3|ココに登録すればOK
正社員を目指す人向けにおすすめの就職支援サービスを、年代別でまとめています。過去の経歴に自信がなくても問題なし!30代後半以降でも使えるサービスもあります。一日でも早い正社員就職を目指すなら必見です。
ワケアリの僕が使って良かった就職支援サービス
DYM就職

筆者の人生を変えてくれた。いきなり面接からスタートできる求人もあるので、練習にもってこい。ワケアリの対応にも慣れており、全力で後押ししてくれる。担当者は若い場合が多いので、エネルギッシュに行くのがコツ。大手と比べて案件数は少ないが、そもそも大手にチャンスがほとんどないので問題なし。現状を打破したいなら絶対活用すべき。

ポジウィルキャリア

日本初の就活トレーニングサービス。行き詰まっていた筆者に目からウロコのアドバイスをくれた。業界を知り尽くしたプロのカウンセリングが無料で受けられる。自宅にいながらして相談できるので、時間がある人ほど活用すべき。年齢制限もなく、誰でも対応して貰える。

マイナビエージェント

大手エージェントを使うならココ。対応がとにかく丁寧で、親身になって相談に乗ってくれた。年齢制限はなく、スキルや経験に応じた仕事を提案してくれる。

就職shop

業界最大手のリクルートが運営しているワケアリ向けサービス。求人の数がとにかく豊富。DYM同様、書類選考なしで面接に進める。担当者も多く、相性の良し悪しで評判は分かれるが、20代なら活用しない理由はない。

最新の就職支援・転職サービス情報
この記事を書いた人
キリオ

「ワケアリにだってできる仕事はある」をテーマに情報を発信していきます。【経歴】私大→大手企業→逮捕・懲戒解雇→WEBマーケ会社。前科を隠さずにホワイト企業に再就職。現在はWEB集客を担当しつつ、転職エージェントのサポート業務も兼務。35歳既婚妻子持ち。

キリオをフォローする
ぼくだからできること。
タイトルとURLをコピーしました