最短で正社員就職を目指したい方はコチラ

【わかものハローワーク】初めて使う人必見!評判や年齢制限は?

わかものハローワークとは?最新の就職支援・転職サービス情報

本記事は、わかものハローワークを初めて使う人向けに、基本情報や評判、年齢制限などをわかりやすく解説しています。

 

あなた
あなた

・わかものハローワークを初めて使おうと思うんだけど、実際の評判はどうなの?

・年齢は何歳までOK?

 

こんな疑問にお答えします。

 

キリオ
キリオ

筆者は過去にとあることをやらかして会社をクビになりました。ハロワ通いをしていた経験があり、現在はWEBマーケ会社に就職。集客を担当しつつ、人材紹介事業のサポートも担当しています。

 

「わかものハローワーク」は正社員を目指す20代向けのサービスですが、どんなことができるのか気になりますよね?

そこで本記事では、わかものハローワークの評判や実態について、徹底的に調査してみました。

 

具体的に言うと、わかものハローワークは「求人紹介+面接などのマンツーマン指導」が受けられるサービスです。

 

ですが、結論から言うと、

メインではなくサポートサービスとして考えるべし」。

 

結局はハローワークにはろくな求人がないので、ブラック企業を避けたいなら、やっぱり就活のプロに相談するのが一番です。

 

民間就職支援サービスのDYM就職なら、学歴・経歴を問わず誰でも完全無料で利用できるほか、100%書類選考が通過できちゃいます!就職成功率はなんと驚異の96%

 

最新の採用現場で使える面接対策もバッチリで、最近は電話やオンラインでも対応してくれるようです。

家にいながらして内定まで持っていけるチャンスなので、早速無料カウンセリングを受けてみてください。

 

>>今すぐDYM就職の無料相談を1分予約する

DYM就職公式サイト:https://www.dshu.jp/

 

▼DYM就職のサービス詳細はこちら

 

▼その他のニート、既卒、就職経験のない人向けのサービスは、こちらの記事でまとめています。

わかものハローワークとは?

わかものハローワークとは

わかものハローワークは、正社員を目指す若者向けに、国(厚生労働省)が就労支援をしてくれるサービスです。

 

わかものハローワーク(支援コーナー、支援窓口)では、正社員就職を目指す若者を対象に、就職支援ナビゲーター(※)によるきめ細かな支援などの様々なサービスを無料で行っています。お気軽にご利用ください。
※若者の就職支援を専門とする職業相談員。企業の人事労務管理経験者などを採用しています。 (厚生労働省

 

各地の求人情報を検索できるほか、専門の職員が職業相談などのアドバイスをしてくれます。

わかものハローワークでできること

具体的に、わかものハローワークでできることは以下の5点です。

  • 初回利用時のプレ相談
  • 個別のマンツーマン指導
  • 正社員就職に向けた就職支援プランの作成、職業相談、職業紹介
  • セミナー、グループワーク
  • 就職後のアフターフォロー

大学の就職課と同じようなサービスを受けられます。

 

キリオ
キリオ

ただし、民間と違ってあくまで公的機関の相談員による支援、ということを覚えておいてください。

 

ハローワークにはろくな求人がない」にも書きましたが、結局ハロワは失業率を下げることが目的なので、ブラック企業とかも当たり前のように紹介されます。

 

その点、後述する民間の就職支援サービスなら、完全ホワイト企業を厳選しているし、現場で求められている面接指導も丁寧に受けることができます。

年齢は原則35歳まで

厳密に言うと、年齢制限はありません。

ただ、厚労省のホームページによると、「おおむね35歳未満」が対象になっています。

元々44歳まで利用できていたのが、2020年から10歳も引き下げられました。

ハローワークとの違い

やってくれる求人紹介については、基本的には一緒です。

 

ただし、

  • 一人ひとりに専門職員がつき、就職後の相談までをサポートしてくれる
  • 企業の人事部などで勤務経験がある専門員が選ばれている
  • 臨床心理士による心のカウンセリングが無料で受けられる

といったサービスは、わかものハローワークだけの特典です。

 

また、担当者がやっぱり若いのと、求人の量・質ともに若者向けなので、35歳未満の方はコチラを利用した方がいいです。

所在地・連絡先一覧

わかものハローワークは、全国各地に拠点があります。

所在地と連絡先一覧は、厚労省のホームページで確認できます。

 

⇒わかものハローワークの所在地一覧

【初心者必見】わかものハローワークの利用方法

わかものハローワークの利用方法

わかものハローワークの利用方法についてまとめてみました。

詳細な利用方法は、各拠点ごとに変わってきますが、基本的には以下の流れです。

 

☑わかものハローワークの利用の流れ

  1. 登録は不要
  2. 求職申し込みを記入
  3. 担当者と相談
  4. 求人情報検索はいつでも利用可

登録は不要

わかものハローワークは特に事前登録不要です。

いきなり窓口に行けば案内してもらえます。

ハローワークインターネットサービスを使えば事前に仮登録ができてスムーズですが、無理にやる必要はないです。

求職申し込みを記入

窓口に行くと、求職申し込みの記入用紙を渡されます。

個人情報を記入し、会員カードのような役割になるカードをもらいます。

担当者と相談

初日から担当者がついて、話を聞いてくれます。

ここで今後の流れについて説明されるので、案内に従ってください。

求人検索はいつでも利用可

現地にあるパソコンで求人情報検索を利用することができます。

これはいつでも利用できるので、時間があるときにふらっと立ち寄ってみると良いかもしれません。

わかものハローワークを初めて使う上での注意点

わかものハローワークを初めて使う上での注意点

わかものハローワークを初めて使うなら、以下の点に注意してください。

  • 相談員任せにしない
  • 連絡や報告を怠らない
  • 平日しかやっていない
  • 民間のサービスも併用する

 

以下、具体的に解説します。

相談員任せにしない

わかものハローワークには、社会人経験のない人がたくさん集まってきます。

当然、相談員はその対応に慣れているし、手取り足取り指導してくれるはずです。

もちろんその恩恵は十分に授かっても良いのですが、あくまで就活は自分でするものという意識は忘れてはいけません。

  • 相談員が紹介してくれた求人だけ受ければいいや
  • 言われたことだけをやっていればいいや

こんなノリではまず間違いなくうまくいかないし、入れてもブラック企業が関の山。

 

相談員は100%活用しつつも、自分で業界・企業研究をするとか、自己分析してみるといった最低限の努力は必要です。

連絡や報告を怠らない

わかものハローワークへ通うようになると、担当の相談員さんがついて色々とアドバイスしてくれます。

必要に応じて連絡したり、書類を提出したりすることも出てきますが、結構みんなこれをサボりがちです。

無料サービスですが、相談員さんも決してボランティアでやってるわけではありません。

就職が決まったことや、方向転換することになったときも、随時報告してあげた方が親切です。

平日しかやっていない

わかものハローワークは基本的に、平日の午前9時~午後5時しか開いていません。

一部、土曜日も開庁しているところはありますが、マレです。

平日でも時間があるなら問題ないですが、用事があって動きにくい人は注意してください。

民間のサービスも併用する

ぶっちゃけこれが一番重要です。

わかものハローワークも所詮は公的機関なので、正直、求人の質は期待できません

低賃金やブラック企業でも良いなら別ですが、最低限の労働環境や収入を得たいなら、やっぱり民間の就職支援サービスを活用した方が圧倒的に良いです。

 

最近はニートとか学歴・経歴に不安がある人向けのサービスが本当に充実しています。

書類選考不要でいきなり面接までいけるサービスもあるので、こちらを優先的に利用したほうが効率的。

 

もちろん完全無料なので、早速使ってみてください。

人気サービスは以下の記事でまとめています。

わかものハローワークの評判

わかものハローワークの評判

ここからは、わかものハローワークを利用した人のリアルな評判について紹介していきます。

上記のとおり、わかものハローワークの評判はまちまちです。

「すごくタメになった」という意見もあれば、「ハローワークの職員ムカつく!態度が悪い」と怒っている方もいました。

 

民間の就職サービスにも言えることですが、担当者との相性次第の部分が大きいので、実際に相談してみないと評価が付けられない、というのが正直なところ。

 

自分と波長の合う相談員が担当になってくれると、有益なアドバイスがもらえるかもしれません。

わかものハローワークと同時に活用したいサービス

わかものハローワークと同時に活用したいサービス

上でも述べたとおり、わかものハローワークはあくまで国の機関です。

企業からしても完全無料で求人掲載できる分、求人の質ははっきり言って低いのが現実。

なので、わかものハローワークを使いつつ、ほかのサービスも同時に併用するのが賢い就活の進め方になります。

都道府県で設置しているジョブカフェ

ジョブカフェって知ってますか?

国が運営しているハローワークとは違い、各都道府県独自に就労支援をやっているサービスです。

 

あまり求人の質には期待できませんが、当然無料で使えるので、わかものハローワークの担当者と合わないようなケースでは併用すると良いかもしれません。

書類選考不要の就職支援サービス

あとは繰り返しになりますが、ニートとか既卒、フリーター向けの就職支援サービスも絶対活用すべきです。

正直、ハロワに通うよりも、以下の記事で紹介しているエージェントサービスに2~3件登録した方が、100倍正社員就職への近道になります。

民間なら少しでも良い条件の企業にプッシュしてくれますし、会社側から見た面接対策も充実しています。

 

あなた
あなた

いや、でも、無職なのに使っていいの?

俺が使っても相手にしてもらえないんじゃ…

 

こんな風に思うかもしれませんが、彼らはワケアリの扱いにとにかく慣れています。

むしろウェルカム扱いされるので、ハロワに行くよりも先に、優先して活用すべきです。

気軽にわかものハローワークへ相談に行こう

わかものハローワークとは

わかものハローワークは、一般的なハローワークにはない手厚いフォローが充実しています。

事前予約もいらないですし、ふらっと立ち寄って相談できるという意味では、これから正社員を目指す人にはうってつけのサービスです。

 

ただし、求人の質はどうしてもバラツキがありますし、就労実績を見ても民間には及びません。

民間の就職支援サービス利用すればプロのアドバイスが無料で受けられるので、まだ利用したことがないならぜひ使ってみてください。

 

一番のおすすめはのDYM就職です。

100%書類選考が通過できるのも凄いですが、求人のバランスもよく担当カウンセラーのフォローが手厚いことでも有名です。

 

今なら自宅にいながらカウンセリングが受けられるので、早速相談してみてください。

 

\スマホで1分登録完了/

就職成功率96%のDYM就職で無料相談するDYM就職の評判・詳細記事を読む

※オンライン面談かオフライン面談かは希望通り選べます。

公式サイト:https://www.dshu.jp/

 

▼その他の民間就職支援サービスはコチラの記事でまとめています。

【年代別】最短で正社員になれる就職支援サービスベスト3|ココに登録すればOK
正社員を目指す人向けにおすすめの就職支援サービスを、年代別でまとめています。過去の経歴に自信がなくても問題なし!30代後半以降でも使えるサービスもあります。一日でも早い正社員就職を目指すなら必見です。
ワケアリの僕が使って良かった就職支援サービス
DYM就職

筆者の人生を変えてくれた。書類選考なしで面接に進めるので、練習にもってこい。ワケアリの対応にも慣れており、全力で後押ししてくれる。担当者は若い場合が多いので、エネルギッシュに行くのがコツ。大手と比べて案件数は少ないが、そもそも大手にチャンスがほとんどないので問題なし。現状を打破したいなら絶対活用すべき。

doda
転職サイトはdoda

大手エージェントを使うならココ。対応がとにかく丁寧で、親身になって相談に乗ってくれた。年齢制限はなく、スキルや経験に応じた仕事を提案してくれる。

就職shop

リクルートが運営しているワケアリ向けサービス。20代の利用者が多いが、30代でも相談に乗ってくれる。リクルートらしく、案件の多さが最大のメリット。DYMのように、書類選考なしで面接に進める。

最新の就職支援・転職サービス情報
この記事を書いた人
キリオ

「ワケアリにだってできる仕事はある」をテーマに情報を発信していきます。【経歴】私大→大手企業→逮捕・懲戒解雇→WEBマーケ会社。前科を隠さずにホワイト企業に再就職。現在はWEB集客を担当しつつ、転職エージェントのサポート業務も兼務。35歳既婚妻子持ち。

キリオをフォローする
ぼくだからできること。
タイトルとURLをコピーしました