最短で正社員就職を目指したい方はコチラ

仕事辞めたら人生楽しすぎ!20代30代40代50代の経験談

仕事辞めたら人生楽しすぎ!ニートや無職を脱出する方法
  • 仕事辞めたら人生楽しすぎ!
  • もっと早く仕事辞めれば良かった!

こんな風に仕事を辞めて喜んでる人を羨ましく思うことはありませんか?

実際、仕事を辞めても生活できるくらい余裕があるなら、仕事辞めて人生満喫したいところですよね。

キリオ
キリオ

当サイトは「どんな経歴でも明るいキャリアを!」をコンセプトにしたキャリアブログです。筆者は一時期30歳を超えて無職だった時期があり、毎月数百人以上のキャリア相談を受けています。

筆者の場合は会社をクビになったので辞めさせられた、というのが実態ですが…。

たしかに無職ならではの素晴らしさはかなりあると感じました。

 

無職期間を味わった筆者の感想としては、仕事辞めて人生楽になることは確かにあるということ!

でも仕事をしていないからこその悩みも少なくありませんでした。

そこで本記事では、実際に仕事を辞めた20代30代40代50代の男女の声を集め、仕事を辞めて無職になることのメリットとデメリットについて考えてみました。

 

☑この記事の内容

  • 仕事辞めたら人生楽しすぎ!と喜ぶ20代30代40代50代の体験談
  • 仕事を辞めて感じたメリットとデメリット
  • 仕事を辞めるか迷っている人の解決策
  • 仕事を辞める勇気が出ない人の対処法

 

今の仕事を辞めるべきか続けるべきか迷ってる人や、辞める勇気が出ない人にオススメの解決法もお伝えしているので、ぜひ続きを読んでみてください!

 

仕事を辞めるか迷っている人は、キャリアコーチングを受けてみるといいです。
今の仕事が本当に自分に合っているのか?辞めた後はどんな展望があるのか?
などをプロの視点から第三者目線でアドバイスしてもらえます。

キャリアコーチングのおすすめ比較は以下の記事でまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

仕事辞めたら人生楽しすぎた経験談

仕事辞めたら人生楽しすぎた経験談

毎日仕事がつらい…という人にとっては、

仕事辞めたら人生楽しすぎ!なんて経験談を聞くと羨ましく感じますよね。

筆者も経験しましたが、実際ある程度なら無職でもなんとかなるし、むしろ嫌な仕事をずっと続けるよりはきっぱり辞めてしまった方がメリットも大きいと感じました。

ただし仕事を辞めるにはそれ相応のリスクもあります。

まずは実際に仕事を辞めて人生を満喫している20~50代の方の体験談をまとめてみました!

仕事辞めて人生が変わった20代

ブラック企業を辞めて良かった

辞めて良かったのは、
・上司や同僚が最低人間でハラスメントや悪口ばかりのストレスフルな職場
・職場環境的に体を壊しそうな職場
・過労で皆がぐったりしている且つ営業がかなりグレー(いや黒?)で自己嫌悪になった職場
ですね。
こういうところにいても何も得ませんでした。辞めるのには慣れましたけど。笑

悪かった場合はないです。
引用:Yahoo知恵袋

「ブラック企業が嫌で仕事辞めた」という人はかなり多いです。

キリオ
キリオ

20代ならいくらでもやり直しがきくので、ブラック企業だと感じたら躊躇なく辞めてしまってもいいかもしれません。

仕事辞めて人生が変わった30代

起業するきっかけになった

これはまさに筆者の体験談になります。

キリオ
キリオ

結論から言うと、筆者は前の仕事(大手、激務)を辞めたことがきっかけで起業することになり、年収が大幅にUPしました。

筆者は30代で会社を解雇され、無職になりました。(参考:懲戒解雇された私のその後

その後、試行錯誤しながら無事にホワイト起業(中小、楽チン)に再就職することができました(参考:懲戒解雇から再就職できた体験談)。

現在でも会社員として働いてはいるのですが、新しい職場で身につけたスキルを生かして起業。

会社員と起業家の二足のわらじ(副業)で、年収は前職の倍以上稼げるようになりました。

キリオ
キリオ

前の会社を辞めていなければ起業なんてありえなかったし、きっと一生激務の労働人生を歩んでいたことと思います。

自分の時間がたっぷり取れる仕事に変わったことで、副業も始められたし、収入面でも私生活でもより安定するようになりました。

仕事辞めて人生が変わった40代

ハードワークで体を壊した

10年以上、キャリアアップしながら頑張っていました。苛めとしか思えない行動・言動をするお局様もいましたし、早朝から深夜までのハードワークで厳しかったですが、尊敬出来る先輩・上司もいましたし、やりがいは多々ありました。

でも、無理をし過ぎて、メンタルが参ってしまい、それでも10年頑張りましたが、この無理はずっとは続けられない、若い今だけだな、と思った事と、心身共にボロボロなのを表に出さずに頑張りましたが、集中力がふと切れて、大きなミスをするかもしれない、という予測が確信に変わった時に、転職を決意して退職しました。

頑張った事に後悔は無いですが、そこまで無理をするのは馬鹿だと、家族・周囲・主治医からも言われ続けた中で、やっと決意しての退職(その後、キャリアアップして、転職しました)

上司を見ていても、過酷な状況で頑張り続けるか、折れて辞めていくか、でしたので、頑張る事に執着するのを止めて、良かった、と思いました。

頑張るのは大切ですが、自分を痛めつけるところまで、頑張る事は無い、と、気づけました。
引用:Yahoo知恵袋

長年のハードワークで体を壊して仕事を辞める人も多いです。

40代の無職は死ぬしかないという意見もあり、体にムチ打って頑張る人もいますが、そんなことはありません。

キリオ
キリオ

今の時代、働き口はいくらでもあるので、体を壊すくらいなら一度休んで、リフレッシュするほうが賢明です。

メンタルが楽になった

体とともに精神的に辛くなって仕事を辞める人もいます。

確かに若い頃と比べて簡単ではないので40代の転職はみじめと感じる人もいますが、チャンスは十分にあります。

40代のキャリアに行き詰まりを感じる人は、起業も視野に一度リセットしてみるのも手です。

仕事辞めて人生が変わった50代

独立して人生が好転

50代で脱サラし、起業する人も多いです。

自分の強みを知っている分、これまでの経験や培った人脈を生かして活躍の場を広げるのもいいですね。

仕事を辞めて良かった!メリット7選

仕事を辞めるメリット

ここからは、筆者の無職体験や読者相談の内容をベースに、仕事を辞めて良かったと感じるメリットをお伝えします。

  • ストレスから開放される
  • 働くことへの意欲が増す
  • 自分を見つめ直す時間になる
  • 家族と過ごす時間が増える
  • 勉強やスキルアップができる
  • 心身ともにリフレッシュできる
  • 趣味に没頭できる

ストレスから開放される

何と言っても仕事で抱えるストレスから開放されるのが大きいです。

毎週月曜日を迎えるのが憂鬱…という人は多いはず。

仕事を辞めれば嫌な上司や取引先からのプレッシャー、昇進争いなどのストレスはなくなるので、精神的にはかなり安定するはずです。

働くことへの意欲が増す

仕事を辞めてある程度時間が経つと、逆に仕事がしたくなってきます。

キリオ
キリオ

筆者も無職だった頃は、毎朝あんなに嫌だった通勤電車ですらなんだか羨ましく思えました。

そうすると働く意欲が出てくるので、

  • 本当に自分に向いている仕事はなんなのか?
  • 自分のやりたいことは何なのか?

といったことを真剣に考えることができるようになります。

自分を見つめ直す時間になる

仕事を辞めると時間がとにかく余るので、自分を見つめ直すきっかけになります。

  • 自分の長所
  • 自分の短所
  • 将来やりたいこと
  • 生かせる強み
  • 人生で一番大事にしたいこと

など、時間をかけてじっくり考えることができます。

キリオ
キリオ

筆者は毎日ランニングをしながら、「自己分析」にふける毎日でした。

どれも面接で必ず聞かれるようなことなのでかなり有意義に過ごすことができます。

家族と過ごす時間が増える

仕事を辞めると当然、家族と一緒に過ごす時間が増えます。

これまで仕事一辺倒だった人にとっては、ゆっくり過ごせる貴重な時間。

家族との絆を深めるのも凄く大切です。

勉強やスキルアップができる

時間がある分、「自己投資」に時間を使うことができます。

  • 資格試験の勉強
  • 英語
  • プログラミング

といった、本当は取得したいけど仕事で時間的に難しかった資格・スキルを身につけるチャンス!

無職の時間を有効活用して、今後のキャリアを明るくしましょう。

心身ともにリフレッシュできる

睡眠時間もたっぷり取れるので、心も体もリフレッシュできます。

ただし栄養が偏らないように気をつけたいのと、適度な運動をするのは意識した方がいいかもしれません。

趣味に没頭できる

自由に時間が使えるので、趣味に時間を費やすことができます。

人生仕事が全てではないので、金銭的に余裕があるなら思い切って趣味だけの期間を作ってしまうのもいいかもしれませんね。

仕事を辞めるデメリット5選

仕事を辞めるデメリット

ただし、仕事を辞めることには当然、デメリットもついてきます。

色んなデメリットがありますが、特に気をつけたいのが以下の5点です。

  • 焦りを覚える
  • 社会復帰に時間がかかる
  • 賃貸に住みにくい
  • 家族も不安
  • お金を使えない

焦りを覚える

筆者もそうでしたが、仕事をしていないとだんだん焦りが出てきます。

このままずっと無職のままでいいのだろうかという不安との戦い

無職の期間が前向きな理由ならいいのですが、そうじゃない場合は焦って冷静さを欠く判断をしてしまわないように注意です。

社会復帰に時間がかかる

仕事を辞めてる期間が長いと、いざ社会復帰しようとしたときに、時間がかかります。

そもそも再就職が決まるかどうかの問題もありますし、体力的にも精神的にも元に戻す必要があります。

毎日のルーティンが崩れて社会情勢やニュースにもついていけずに苦労した、ということもあるので、なるべく生活リズムは崩さないほうがいいですね。

賃貸に住みにくい

もし自宅が賃貸の場合、無職だと継続が難しくなる可能性があります。

同じように新しくクレジットカードは作りにくくなるので要注意です。

家族も不安

仕事を辞めると家族も不安になります。

再就職の予定やこの先のビジョンはなるべく早めに立てておき、進捗状況は家族とも共有しておくといいでしょう。

お金を使えない

仕事を辞めて収入がなくなると、お金を使うことにかなりシビアになります。

もし金銭的に余裕がないなら、ニートが節約するコツも参考にしつつ、なるべく無駄な出費を減らすことから始めたほうがいいでしょう。

急に仕事辞めたら人生終わる?退職前にやるべきこと

仕事辞めたら人生終わる!準備しよう

仕事を辞めると人生楽しくなるのは間違いないですが、仕事を辞める前にやっておいた方がいいことはいくつかあります。

  • 最低限の生活費の確保
  • 無職期間の目的を決める
  • 無職期間の期限を設ける
  • クレジットカードを作る

以下、具体的に説明していきます。

最低限の生活費の確保

当然ですが、最低限の生活費は確保しておく必要があります。

一般的に言われるのは、1ヶ月の生活費×3ヶ月~半年分は貯金しておいたほうがいいです。

たとえば毎月30万円使うなら、最低90万円以上は必要、という計算。

生活保護などを受けるにしても申請まで時間がかかるので注意してください。

無職期間の目的を決める

仕事を辞めるには色んな事情があると思いますが、この無職期間の目的は明確にしたほうが良いです。

  • 次の仕事への充電期間
  • 資格試験やスキル取得の勉強
  • 心身の回復

など、何のために仕事を辞めたのか自分の中ではっきりさせておきましょう。

キリオ
キリオ

無職の期間が長引いて辛くなったときに、自分にとって必要な時間だと言い聞かせられるのはかなり強いですよ。

無職期間の期限を設ける

金銭的に余裕があってリタイヤするなら別ですが、そうじゃない場合はいつか仕事をしないと生きていけません。

ダラダラと無職を続けていると再スタートが難しくなってしまうので、仕事を辞める前に「無職期間は○月まで」と決めておいたほうがいいです。

できれば家族などにも宣言しておくと、不安も解消されるのでおすすめです。

クレジットカードを作る

実用的なところで言えば、クレジットカードは事前に作っておいたほうがいいです。

仕事をしていないといざ作ろうと思ったときに審査に落ちて作れません。

ニートが節約するコツでもある通り、節約するにはキャッシュレスは必須なので、もしクレジットカードを持っていないなら今のうちに確保しておくといいですよ。

ちなみにクレジットカードの審査で一番ゆるいのがネクサスカードというデポジット型のクレジットカード。これならどんな人で作れます。ニートでも行けます。

あらかじめ決めた使用金額内であれば自由に買い物に使えるので、使いすぎることがありません。

もちろん他のクレジットカード同様、ポイントもつきます。

クレジットカードの審査に不安がある人は、ぜひ使ってみてください。

>>ネクサスカードの公式サイトはコチラ

仕事を辞めるか迷ったときの解決策

仕事を辞めるか迷ったときの解決策

あなた
あなた

仕事を辞めたら楽しいのはわかるけど…

正直、今の仕事を辞めていいのかどうか迷ってる。

 

仕事を辞めたい気はあるものの、本当に辞めるべきかどうか決めかねている。

そんな人は一人で抱え込まず、必ず誰かに相談したほうがいいです。

キリオ
キリオ

一人で考えると主観が強すぎたり、冷静な判断ができない可能性があります。

できれば仕事の内容をしっかりと理解していて、あなたのことを思って適切なアドバイスをしてくれそうな人に相談してみるのがいいです。

ただし家族や友人では反対される可能性が高いですし、そもそも仕事の内容を理解していないので、相談相手にはふさわしくありません。

理解ある人に相談しよう

仕事の理解があって、第三者目線で適切なアドバイスをくれる人って意外と見つからないですよね。

もし身近に思い当たる人がいない場合は、キャリアコーチングを利用してみるといいです!

キャリアコーチングは採用現場を長年渡り歩いてきた「キャリアのプロ」が、マンツーマンで相談に乗ってくれます。

面接指導や履歴書添削などの有料サービスもありますが、キャリア相談だけなら基本的に無料です。

人気サービスは以下でまとめているので、ぜひ活用してみてください。

仕事を辞める勇気が出ないなら?

仕事を辞める勇気が出ないときの対処法

あなた
あなた

仕事を辞める決心はした!

けど、許してもらえなさそうで辞めることを伝える勇気が出ない…

 

退職を決意したものの、職場の環境的になかなか言い出せない…。

そんな悩みもよく聞きます。

もし自分で辞めることが言い出せないなら、退職代行を活用するのもいいですよ。

退職代行も活用してみよう

退職代行を使えば、会社との面倒な手続きは全部丸投げでお願いできちゃいます。

苦手な上司と顔を合わせる必要もありません。

辞める決心をしたら、もうその日から会社に行く必要はなくて、退職代行が正規の手続きを踏んで全て解決してくれます。

退職代行サービスはたくさんありますが、中でも業界最大手の退職代行ガーディアンが一番使いやすく、確実です。

365日、全国どこでも利用可能なので、仕事を辞める勇気が出ない方はぜひ活用してみてください。

⇒今すぐ退職代行ガーディアンで無料相談する

まとめ:仕事辞めても人生楽しめる!迷ったら相談しよう

仕事辞めても人生楽しめる!

最後に、本記事の内容をまとめます!

☑まとめ

  • 仕事辞めたら人生楽しくなる!それは本当!
  • ただし辞める前の準備も必要。仕事再開の予定も立てて!
  • 仕事を辞めるか迷っているなら必ず相談しよう!特にキャリアコーチングの無料相談がおすすめ!

仕事を辞めるのはもちろんリスクはありますが、無職の特権のようなメリットもたくさんあります。

自由な時間を使って勉強したり、新しいスキルを磨いたりすれば、結果的に大きくキャリアップできるチャンスにもなります。

ただし準備なしにいきなり辞めると後悔する可能性も高いです。

会社を辞めるか迷っているなら、一人で判断せず、必ず誰かに相談して冷静な選択ができるようにしてください。

★最近はキャリアコーチングでキャリア相談する人が増えています。「会社を辞めるべきかどうか」「自分に合った仕事が見つからない」といった悩みは、キャリアのプロがマンツーマンで解決してくれます。

基本的に無料相談を受け付けているので、積極的に活用してみてください。

 

【年代別】最短で正社員になれる就職支援サービスベスト3|ココに登録すればOK
正社員を目指す人向けにおすすめの就職支援サービスを、年代別でまとめています。過去の経歴に自信がなくても問題なし!30代後半以降でも使えるサービスもあります。一日でも早い正社員就職を目指すなら必見です。
ワケアリの僕が使って良かった就職支援サービス
DYM就職

最短1週間のスピード内定!筆者の人生を変えてくれた。書類選考なしの求人も多数あるので、練習にもってこい。ワケアリの対応にも慣れており、全力で後押ししてくれる。担当者は若い場合が多いので、エネルギッシュに行くのがコツ。大手と比べて案件数は少ないが、そもそも大手にチャンスがほとんどないので問題なし。現状を打破したいなら絶対活用すべき。

ポジウィルキャリア
ポジウィルキャリア

日本初の就活トレーニングサービス。行き詰まっていた筆者に目からウロコのアドバイスをくれた。業界を知り尽くしたプロのカウンセリングが無料で受けられる。自宅にいながらして相談できるので、時間がある人ほど活用すべき。年齢制限もなく、誰でも対応して貰える。

マイナビエージェント

大手エージェントを使うならココ。対応がとにかく丁寧で、親身になって相談に乗ってくれた。年齢制限はなく、スキルや経験に応じた仕事を提案してくれる。

就職shop

業界最大手のリクルートが運営しているワケアリ向けサービス。求人の数がとにかく豊富。DYM同様、書類選考なしで面接に進める。担当者も多く、相性の良し悪しで評判は分かれるが、20代なら活用しない理由はない。

ニートや無職を脱出する方法
この記事を書いた人
キリオ

「ワケアリにだってできる仕事はある」をテーマに情報を発信していきます。【経歴】私大→大手企業→逮捕・懲戒解雇→WEBマーケ会社。前科を隠さずにホワイト企業に再就職。現在はWEB集客を担当しつつ、転職エージェントのサポート業務も兼務。35歳既婚妻子持ち。

キリオをフォローする
ぼくだからできること。
タイトルとURLをコピーしました