最短で正社員就職を目指したい方はコチラ

40代で無職は死ぬしかない?今からでも正社員を目指せる唯一の方法

40代無職は死ぬしかない?正社員になれる 唯一の方法ニートや無職を脱出する方法

 

あなた
無職の人

40代で無職なんて死ぬしかない…。

 

こんな風に絶望している方に向け、今からでも正社員を目指せる唯一の方法をお伝えします。

 

キリオ
キリオ

大変お恥ずかしい話ですが、筆者には前科があり、務めていた会社をクビになった経験があります。でもそこから這い上がり、平均年収を大きく上回るホワイト企業に再就職。平穏無事に新しい人生を送っています。

 

筆者は当サイト経由で「ワケアリ」の方からたくさんご相談をいただくんですが…

40代で無職となってしまった方からのご相談も少なくありません。

 

中には「死ぬしかない」といったように、かなり絶望されている方もいらっしゃいます。

 

もしかしたらあなたも同じ心境にあるかもしれませんが、決して諦めないでください。

筆者自身も一時期は人生に絶望しましたが、諦めずに前を向いた結果、「幸せだ」と胸を張って言えるくらい再起することができました。

 

本記事では、40代無職でも正社員就職できる方法を中心に、ここから人生をやり直すのに大切なことをお伝えしていきます。

 

先の見えない不安に絶望している方にとって、本記事が生きる希望になれば幸いです。

 

もしも真剣に「死ぬしかない」と考えているなら、厚生労働省の電話相談窓口から相談してみてください。

 

☑厚生労働省が紹介している主な電話相談窓口

  • こころの健康相談統一ダイヤル:0570-064-556
  • よりそいホットライン:0120-279-338
  • いのちの電話:0570-783-556

40代で無職は死ぬしかない?絶望しなくてもいい理由

40代無職でも諦めなくていい理由

冒頭でもお伝えしましたが、40代無職でも「死ぬしかない」なんてことは絶対にありません

ここから人生再起することは全然可能です。

 

筆者は前科がありながらもホワイト企業に再就職できました。

真剣に戦略を練って就活に挑んだからこそ、過去の犯歴を承知の上で、採用して貰えたんだと思っています。

 

当然、誰もが同じように上手くいくとは限りませんし、特別なスキルや資格がないと尚更厳しいのかもしれません。

でも、これから紹介する方法で就活すれば、経歴に不安がある40代でも十分チャンスはあります

 

なぜなら、今は空前の人手不足だからです。

深刻な人手不足

ニートでも就職したい」の記事で詳しく触れていますが、今の日本はかつてないほど深刻な人手不足に悩まされています。

これからコロナ倒産する企業が増えてきそうな感じはありますが、業界によっては逆に人手不足に拍車がかかっているんです。

なので、人手不足が深刻化している業界を狙えば、40代でも十分チャンスはあります。

すぐお金を稼げる方法もある

もし貯金が底をついても、今の時代はすぐにお金を稼げる方法があります。

もちろんそんなに大金が手に入るわけではないし、就職が最優先なのは大前提。

 

ですが、「お金がないから死ぬしかない」と思うくらいなら、急場しのぎでもお金を稼げば前向きになれるはずです。

こちらの記事でまとめているので、金銭的に余裕がない方はぜひ活用してみてください。

40代無職を救ってくれる就職サービス

40代無職を救ってくれる就職支援サービス

ここからが本題です。

40代無職が就活するなら、転職エージェントをフル活用するべきです。

 

キリオ
キリオ

そもそも、無職からの就活はハローワークに通うのが大前提だと勘違いしていませんか?

正直、ハローワークにはろくな求人がないし、リタイヤした方も大勢来るのであまり期待はできません。

 

それよりも、最新の採用事情に詳しい就活のプロにアドバイスを仰いだ方が、100倍効率的です。

 

キリオ
キリオ

40代以上でも利用できるエージェントもあるので、「もう求人なんてないよな…」なんて諦める必要はありません!

経歴に自信がない人向け

基本的に大手のエージェントであれば、経歴に自信がない40代以上の方でも対応してもらえます。

 

☑40代以上でも利用可能な大手転職エージェント

 

この中では、30代以上の支持率No.1のdodaが圧倒的におすすめ。

どこよりも丁寧にカウンセリングしてくれるし、筆者みたいなワケアリでも親切に対応してくれました。

 

⇒フォローが日本一手厚いdodaに無料相談する

公式サイト:https://www.doda.jp/

経歴を生かしたい人向け

これまでの経歴を生かしたいなら、スカウト型のビズリーチを使うといいです。

年収500万円以上などの一定の条件はあります(参照:ビズリーチの審査)が、即戦力で出迎えたい人手不足に悩んでいる企業から直接連絡が来るので手っ取り早いです。

 

キリオ
キリオ

ちなみに筆者はビズリーチ経由で連絡が来た企業から内定をもらいました。

「経歴に自信がない人向け」で紹介した大手の総合型エージェントと併用するのが一般的です。

 

⇒今すぐビズリーチに無料登録する

公式サイト:https://www.bizreach.jp/

 

もし転職エージェントの利用が初めて不安があるなら、「転職エージェントの賢い使い方」もチェックしてみてください。

40代無職が就活する上での注意点

40代無職の注意点

ここからは、40代で無職の方がこれから人生を立て直す上での注意点についてです。

 

キリオ
キリオ

決して難しいことではないので、早速今から始めてみてください。

危機感を持つ

とにかくこれに尽きます。

絶望したり現実逃避するのではなく、「このままではまずい」と危機感を持ったほうがいいです。

 

なぜなら、離職期間が長ければ長いほど、次の就活には不利になるから。

 

ここまで「40代無職でもなんとかなる」と伝えてきましたが、これが通用するのは40代まで

このまま無職でもなんとかなるなんてことはないし、支えてくれる家族だっていずれはいなくなります。

 

失業中の過ごし方を参考にしつつ、今すぐ動き出すくらいの危機感を持たないと厳しいです。

堂々とした態度で就活する

とはいえ、決して悲観的になる必要はありません。

無職が続くと自信を失いがちですが、あまり後ろ向きな感じだと企業側から見ても悪印象です。

 

やはり企業としては、40代以降の人にはリーダーシップとか経験といった即戦力での働きを期待します。

なので、仮に未経験だったとしても、逆に開き直って堂々としているくらいの方が採用率はグッと上がります。

 

30代以降の未経験でも目指せる職業も参考にしつつ、40代ならではのアピールポイントを強調して就活に臨んでみてください。

まとめ:40代の無職でも諦めなければ希望はある!

40代無職でも希望はある!

40代無職からの就職は、決して簡単ではありません。

でも、諦める必要はまったくなくて、むしろ「死ぬしかない」なんて思っているならもったいなすぎます。

 

スキルや実務経験がなくても、40代以降の人生経験を必要としている企業はたくさんあります。

最新の採用事情に詳しい転職エージェントを使えば、条件とマッチした企業も簡単に紹介してくれるはずです。

 

以下の記事も参考にしつつ、早速就活のプロに相談してみてください。

【年代別】最短で正社員になれる就職支援サービスベスト3|ココに登録すればOK
正社員を目指す人向けにおすすめの就職支援サービスを、年代別でまとめています。過去の経歴に自信がなくても問題なし!30代後半以降でも使えるサービスもあります。一日でも早い正社員就職を目指すなら必見です。
ワケアリの僕が使って良かった就職支援サービス
DYM就職

筆者の人生を変えてくれた。書類選考なしで面接に進めるので、練習にもってこい。ワケアリの対応にも慣れており、全力で後押ししてくれる。担当者は若い場合が多いので、エネルギッシュに行くのがコツ。大手と比べて案件数は少ないが、そもそも大手にチャンスがほとんどないので問題なし。現状を打破したいなら絶対活用すべき。

doda
転職サイトはdoda

大手エージェントを使うならココ。対応がとにかく丁寧で、親身になって相談に乗ってくれた。年齢制限はなく、スキルや経験に応じた仕事を提案してくれる。

就職shop

リクルートが運営しているワケアリ向けサービス。20代の利用者が多いが、30代でも相談に乗ってくれる。リクルートらしく、案件の多さが最大のメリット。DYMのように、書類選考なしで面接に進める。

ニートや無職を脱出する方法
この記事を書いた人
キリオ

「ワケアリにだってできる仕事はある」をテーマに情報を発信していきます。【経歴】私大→大手企業→逮捕・懲戒解雇→WEBマーケ会社。前科を隠さずにホワイト企業に再就職。現在はWEB集客を担当しつつ、転職エージェントのサポート業務も兼務。35歳既婚妻子持ち。

キリオをフォローする
ぼくだからできること。
タイトルとURLをコピーしました